特殊なレンズを手に入れたので撮影してみた

Pocket

CANON MP-E65mm F2.8 1-5x マクロフォト

1倍~5倍までズームして撮影が可能なレンズ

オートフォーカスありません

ピント合わせ激ムズ

被写体からレンズの先端までの距離 数センチ~十数センチ

 

エビの撮影はマクロレンズの十倍疲れます!

 

5倍で撮るときは…

ズッドーーン!

まるで Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM

のような伸び方をします♪

 

エビを撮るときは 水槽の最前面にいないと撮れないです…

 

これ使って気付いたんですが
三脚使っても カメラのボディに手を触れているだけで
微妙にプルプルしちゃいます
(安物の三脚じゃだめだぁ)

リモートスイッチ必要ですね

 

めっちゃ暗いので
照明ガンガン明るくしたり ISOあげたりしないと
真っ暗です

 

動いているエビを撮るのは至難の業です

 

とりあえずカワコザラガイでも撮影してみた

な なんかいいかも♪

 

普段はただの目障りな貝ですが
こんな感じなんですねぇ

 

さらに

まるで星空のようにもみえますが…

ただのケンミジンコ達です

 

MP-E65mmで動画も撮ってみた

 

ピントを合わせるだけでも一苦労
せっかくなので動画も撮ってみました

 

さらに レッドビーシュリンプの稚エビも撮影

生まれて数日の稚エビが たまたま水槽前面のガラスにいたので
撮ってみました

ピント…合いませんでした…

黒ずんだ点々は ガラス面についているコケで
おそらくその周りにいる微生物を食べているんだと思います

 

いつもの100mmマクロで2.2cmくらいの親も撮影

どちらもトリミングしてないです

 

5mmほどの稚エビが 2cmクラスのエビより大きく撮れるなんて
なんてレンズだ!!

 

せっかくだから動画も撮っておこう

ほとんどピントが合わず たまにはっきり見えますが
最後の10秒しかちゃんと撮れませんでした

 

 

Facebook Comments

コメントを残す