レッドビーシュリンプの飼育始めて丸4年経ってました

久しぶりの投稿
アクアルームの大掃除や車の修理でバタバタしてました PEPEです

 

レッドビーシュリンプの飼育を始めたのが2014年5月
丸4年経ちました

これから始めてました

懐かしい~

 

このときはソイルの存在もミネラルの必要性も知らずに
グッピーと一緒の感覚で飼育してましたよ

 

この子達をほとんど死なせてしまってからは
レッドビーシュリンプに関する本を買いあさり
いろんなショップに足を運び 食い入るようにエビを観察してました♪

 

いろんなブリーダーのエビをお店やネットでいろいろ買いましたね
※エビだけで百数十万円使ってた… アクア関係で300万円オーバー……

 

他の人に飼育のコツを聞くこともせず
一人でコツコツ エビと向き合ってきました

 

 

今年からは 自分好みのレッドビーシュリンプを求めるため
大幅に血統整理し 1からやり直しました

さらに新しいエビの創作も始めるため
原種に近いエビたちを集めてます

まずは元となるエビたち自身のクオリティアップ
掛け合わせはそれからです

 

シャドーやピント ホルスタイン ファンシー クラウド ZEUSを繁殖しているうちに
自分でもやってみたくなったので

 

エビの楽しみはまだまだ続きそうです♪

けっこうキレイなレッドビーシュリンプの出荷とかなりキレイなレッドビーシュリンプの出品

今月はえびイベントで関東へ1往復 関西へ2往復ドライブしました PEPEです

 

数量限定で種親候補の個体を出品中

こんな感じの5匹セット

今回2セット目 大阪へ行ってらっしゃい♪

 

そして 特にキレイなペアを出品中です

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

〓GP〓 レッドビーシュリンプ トップの中のトップグレードペア

よろしくどうぞです

 

 

ちょっとマニアックなことかもしれませんが
エビの各パーツの長さを測って ボディバランスを数値で把握してみようと取り組んでます

オスらしさ メスらしさもだいたい数値に表れます

たとえば頭部の高さと体の高さを比較して
同じくらいならオス 体のほうが高いとメス

頭胸甲と第一触覚の長さの比率が1:1ぐらいならメス
1.5倍以上ならオス といった具合です

スタイルいい個体は 頭と体のバランスが1:2に近いです

 

種親のオスを選ぶときの参考にもなります

 

「メスのほうがオスよりしっぽが大きい」といった記事を何度か見かけましたが
実際に測ってみると そんなこともなさそうです
(上から見たときの尾扇の広がりかたのことかな?)

 

去年辺りからスタイル・ボディバランスに気をつけるようになり
選別も気をつけてますが かなり大事な部分だと気付かされました

前より額角が短くなってきているので
そこも踏まえて特に注意して行こうと思います

 

ボディバランスについては
どのくらいの比率がかっこよく見えたり 迫力ある体型に見えるのか
もっとたくさんのエビを計測して追求していきます

 

額角のトゲトゲの数を数えてみると新しい発見がありますよ♪

行ってきました二子玉川ライズ えびコン ぐぴコン

久しぶりの新東名ドライブを楽しんだPEPEです
1日の走行距離700kmくらい

 

スマホのGoogleマップでルート案内しながら行ったので道に迷わず到着しました

スマホのGoogleマップにログインした状態なら タイムラインに道のりが記録されます

あとから自分の移動した道を確認できるのでとっても便利です♪

 

さてさて えびコン・ぐぴコンはというと…

グッピーコンテストはすでに審査結果が貼ってあり入賞は6位までだったのかな
あんまりちゃんと見てなかったりします…

僕の大好きなRREAフルレッドも2ペア出てたのかな?

でっかくてびっくり! メスデカっ!!

背びれも尾びれも大きくて立派でした

優勝のモスコーブルー(モスコーグリーンなのか?)も超きれい♪ 発色というか輝き方が特徴的でRREAフルレッドにはない魅力を感じました

インスタでフォローしてる 海外グッピーブリーダーのモスコーブルーの実物もみたいですねぇ

グッピーの代名詞 ドイツイエロータキシードもいましたよ

デルタテールの広がり方は ドイツイエロータキシードがダントツですよね♪

 

酸欠なのかストレスなのか 半分以上のグッピーが元気なくて水槽の底に沈んでました

グッピーコンテストのときってエアーもフィルターも設置しないのが普通なのかな?

グッピーの魅力って元気にひらひら泳ぐ姿なんだけどなあ…

 

えびコンの方は…

ビーシュリンプ(レッドビーシュリンプ・ブラックビーシュリンプ)と新種系(ギャラクシーシュリンプなど)が半々で
全部で60ペアくらいいたのかな?

こっちもちゃんと見てなかったりします

水槽内にモスが入っていたので ほとんどのエビがモスに隠れてました

見学してた親子も 「見つけるだけで大変だね」って言ってました

 

エビたちもぐるぐる回って大変そう♪

 

一般投票をしていたようで 子どもたちが気に入ったエビを投票して
ガラガラを回してました

なにかがもらえたようです

 

生サラサを見れたので満足です♪

 

アクアリウムフェアでグッピーを見ているとき
ちょうど地元のケーブルテレビ局「イッツコム」が生中継していたようで…
たぶん映りました♪

 

アクアリウムフェアの会場は30分くらいざっと見て回って
あとはショッピングセンターをぐるぐるして計1時間ほどで二子玉川ライズをあとに

そのあとあちこちドライブして横浜中華街で食べ歩き♪

 

やっぱ横浜に住みたいなぁ~~~~~~~

 

 

エビの大移動がようやく終わりました

冷凍プリンにどはまり中♪
BigプッチンプリンよりさらにでっかいHappyプッチンプリンが最高!

指先から伝わる重量感と幸福感♪

Happyプッチンプリンで1日ハッピーなPEPEです

 

はいっ!

60cm水槽30本分のエビをあっちこっち移動させました

 

繁殖水槽や稚エビ水槽・赤・黒・シャドー・新種があっちこっちとバラバラだったのが
グループごとにまとまった場所に移動できました

 

レッドビーシュリンプは
繁殖用 8本
育成用 8本
稚エビ用 4本
ストック 1本
モスラ専用 3本
計24本

ブラックビーシュリンプは3本

シャドー・ピント・ZEUSが1本ずつ

って感じです

 

 

餌やりもメンテナンスも観察も効率的だし
エビの見比べもしやすくなりました

ついでに全水槽のエビの数も把握できました

前回の記事でも紹介しましたが
レッドビーシュリンプは繁殖中が300匹
育成中は1143匹 次世代の稚エビが1476匹と結構増えてました

レッドビーシュリンプのモスラ専用水槽も用意し
現在114匹確保

 

数匹から始めたZEUSもF2で40匹に
F3で100匹超えできそうです

 

ブラックビーシュリンプも今年中に1000匹超えるかな?
ヤフオク!に親世代を全部だして 世代交代しました

でっかい抱卵中が4匹
今年中に100匹200匹生まれてくれると思います

落札価格が5,●●●円

かなーーりお得なお買い物だと思います
今回の落札者様はかなりラッキーですね♪

 

育成水槽に抱卵個体が何匹かいたので 今度繁殖水槽へ移動させま~す

 

今日のおまけ


部屋の中央にある90cm水槽

流木はこんな感じでいこうかな

石は流木固定でとりあえず置いてあるだけなんで
石も自分好みに置いていきます

 

地味だけど大切な作業 今日もコツコツエビ掬い

夢の中でもエビを掬い始めたPEPEです

今日はブラックビーシュリンプ 162匹
0.8cm以上のみ選びながら掬いました

稚エビたちはあと60匹以上残ってるので
明日掬って 水槽掃除

その後はブラックビーシュリンプの繁殖水槽から稚エビの引っ越し…
何匹生まれてるんだろ

稚エビは掬うのは楽だけど探すのが大変

 

 

 

昨日はレッドビーシュリンプ大きめ150匹

 

 

 

その前はレッドビーシュリンプの繁殖水槽から稚エビ127匹

 

毎回1時間ちょっとかかってます
(もっと早く掬いたい)

地味な作業です 地味に肩も痛くなります

エビを飼ってると必要な作業ですし
楽しい作業でもあります♪

 

7月中にだいぶ掬って移動しましたが
…まだまだ掬わないと

レッドビーシュリンプ繁殖水槽から稚エビたちを移動させないと…(あと7本)

今年の春から何匹生まれたかなぁ