レッドビーシュリンプの選別

Pocket

育成水槽はサイズ別に2段階

今までは
繁殖水槽で生まれた稚エビが0.8cm~1cmで育成水槽へ移動
2cmくらいで繁殖水槽へ移動してました

水槽は60cmレギュラーサイズなので
200~300匹で結構過密状態

100匹超えてくると成長スピードが遅くなったり
サイズ(成長速度)のバラつきが目立ちました

たぶんエサが十分に行き渡らないからだと思います

 

ということで
最近は育成水槽を1cm~1.5cm 1.5cm~2cmで2段階に分けました
※数も1水槽100匹程度までに抑えてね

 

 

ちなみに1.5cmくらいのレッドビーシュリンプは

※実践が1cm 破線が0.5cm刻み サテライト+方眼マスでサイズ確認も楽々♪

ちなみに上の写真は 種親候補には残さない子達です

 

※欲しい人がいましたらネットショップに出してますので御覧ください
無料会員登録で500pt(500円分) 買い物ごとにポイント1% 1万円以上で送料無料と
色々特典付きです

 

さらに成長させて2cmくらいになると

このくらいです

早い子は2cm手前で抱卵しちゃうけど
できれば2cm超えてから抱卵したほうが
卵の数が多く 脱卵もほとんどなく 孵化率もよさそう

 

育成水槽を2段階にしてからは 成長速度のバラつきも少なく
収容数を減らしたためか 成長速度も良好

ただ サイズ重視で掬っているとメスの割合が高くなる
メスのがオスより大きくなるから当然ですかね

 

今度はオスの種親候補水槽を用意して
早めに綺麗なオスだけ隔離させてみます

1系統で多くても10匹くらい確保 そこから4~5匹残せばいいから
30cmキューブで十分かな

 

おまけ

サテライトだと水合わせも楽々

 

おまけその2

スマホ(iPhone7)で最大限ズームした写真

なんとも荒々しい画質

水彩加工したかのような…
むしろアーティスティックなのか

やっぱりエビは「一眼+マクロレンズ」で撮ります

 

スマホ用マクロレンズを試した方は
ぜひどのように撮れるのか教えてください

Facebook Comments

コメントを残す