枯れかけのニューラージパールグラスが2ヶ月で復活


ニューラージパールグラスが徐々に枯れる

水中に放り込んで放置してたニューラージパールグラス
徐々に黄色っぽく変色し 8割ほど変色してしまった

水中での育成がうまくいかない
というか ソイルに植えてないから当たり前なのか

 

ニューラージパールグラスの塊を流木にちょこんと乗せておいたまま放置してました

※単純に植えるのが面倒だったわけで…

 

根っこはぐんぐん伸びたものの 葉っぱの伸びはイマイチで
じわじわ変色してきた

葉っぱが溶けたりしていないので
栄養不足なのかな

 

植えるスペースも植える根性もなかったので
水中から引き上げ 瓶詰めしました

 

適当に指でちぎったニューラージパールグラスを
ソイルを敷いた小瓶に乗せただけです

水の量はニューラージパールグラスがひたひたになるくらい

こんな適当でどうにかなるのかわかりませんが
ダメ元で実験

蓋を締めた状態で約2ヶ月LED照明の当たる場所に置いただけ

 

それだけであちこちから新芽がぐんぐん伸び こんな状態に♪

これは楽ちんですわ♪

 

ニューラージパールグラスの根本にソイル(栄養分)と水分があれば
水上葉の育成は簡単なのかな

 

ビオトープ?テラリウム?

60cm×30cm×10cmの変わった水槽が余ってたので

棚を整理し 空いたスペースに設置

行き場のない水草や溶岩石を使ってレイアウトしていこうかと思います

ニューラージパールグラスもこの水槽で緑の絨毯として活躍させたい

他の水草も水中葉から水上葉に展開させてみたいです

 

Facebook Comments

コメントを残す