フレイムモスの巻き方 竹炭編 その2

前回の記事はこちら→「フレイムモスの巻き方 竹炭編

 

ちょっと前に作った フレイムモス巻きの成長の様子

小さいの2つ(竹炭/溶岩石)と大きいの1つ

1週間位で新芽が脇から伸びだし
2週間位でこのくらいに成長

思ったより成長早いんですねフレイムモスって

 

初めて竹炭にフレイムモス巻いてみましたが
このやり方はいい感じです

床一面に敷き詰めたら
フレイムモス絨毯できそう

 

同じ時期に作ったプレミアムモスとウォーターフェザーも順調に成長してます

 

余ったフレイムモスをヤフオク!に出したので
よかったらどうぞ♪

〓PEPE〓 フレイムモス 【レア・極上品】

ブログを参考に作ってみてください

フレイムモスの巻き方 竹炭編

1時間くらいで5個作りました

 

早速作り方の手順紹介

 

 

竹炭の長い編にテグスを一巻き

その上にフレイムモスを数本並べて置き

 

カットした部分を隣に並べて

余った部分をカット

 

フレイムモスを並べました

テグスを等間隔でグルグル巻きにして

テグスを縛って

裏返し

はみ出た部分をカット

これで完成

フレイムモスをこの状態で育成するとどうなるのか?

一週間前に作ったミニサイズのフレイムモスがあるので
明日写真をアップします

またね♪

思い切ってショートにカットしてみた

伸び放題でもこもこだったので思いっきりショートにイメチェンしました

 

 

これが

 

こうなりました

 

根本は枯れてしまったかと思ってたら
とてもきれいな状態でした♪

この状態で育てたら またもこもこになるのかな

 

カットした部分も大量にあるんで
他の石とかに巻きつけて殖やします

 

 

ちまちまと細かい作業は割りと好きです

基本面倒くさがりですが 細かい作業は得意というか好きですね

最近ミクロソリウムのナローを買ったまま放置していたので
リングろ材に巻きました

 


4~5枚の株にトリミングして 4株ずつセットで一巻き

前回 水草水槽用のミクロソリウムは 黒色ビニタイで楽したので
今回は 1.5号の釣り糸で巻きました
※シュリンプ水槽にも入れると思うので

 

全部で25個

結構な数ありましたね

 

このミクロソリウム・ナローですが 葉幅はかなり細いんで
本ナローと間違えやすいと思います

結構長く成長するので 成長すれば見分けやすいです
※葉脈の入り方が微妙に違うかな

 

水草レイアウトにボリューム出したいときはナローのほうが使い勝手が良さそう

 

 

水草のトリミング&まきまき&レイアウト

60cm水槽のレイアウトの続き

増えたエビの移動作業で忙しく
のびのびになってたレイアウトの続きを再開

 

こうなりました

 

前回からミクロソリウムとピンナティフィダを追加したんで
その様子の紹介

 

上の写真は 前回までの様子で
流木・石の配置と 有茎草の植栽をしたところ

 

2種類のミクロソリウムをリングに巻いて
流木周辺に置いていきます

 

ちょっと楽(らく)して黒のビニタイで巻きます

 

ミクロソリウム・トライデント
葉が4~8枚の株を 3株ずつリングに巻きつけ
5個できました

 

ちなみに このトライデント
葉幅が均一で細め 非常に綺麗に成長しています♪

 

この水槽 コケさえ生えなければ水草の調子はかなりいいみたい
初のアマゾニアライト水槽

水草水槽ならアマゾニアライトでいい感じです♪
※コケが生えたのはアベニーパファーのエサが原因なので ソイルによる富栄養ではないです

 


ここにトライデントを追加して…

こうなりました

トライデントは流木の前と左右に配置

 

続いてミクロソリウム・ナローKのまきまき

葉数6~10枚の株を2株ずつで 10個できました

色が明るく 葉先が枝分かれしてボリュームがでるので
後景に使うといいかも

 

はい 流木の後ろに置きました

まだボリューム無いから目立たないですね

 

続いて ハイグロフィラ・ピンナティフィダを

大きい株から順に 流木周りに植栽

 

自然に流木に活着するんで リングはつけずに直置き

流木の隙間に突っ込むだけです

 

すこし小さめも流木の隙間に

突っ込みます

 

小さめの株は

石の隙間に突っ込んで 終了!

 

 

んーーーー
流木の先にモスを付けるの好きじゃないんだけど
やってみようかなぁ

 

それより照明の映り込みが気になるので
そっちの対策が先ですね

 

1ヶ月様子見て撮影してみます♪