生まれたばかりのレッドビーシュリンプの稚エビを撮影しました

Pocket

エビの移動はサテライトを使って水合わせしています

育成水槽で何匹か抱卵し始めたので 抱卵しているメスやキレイな子達を繁殖水槽に移動させました
水合わせしたまま 他の水槽の掃除

サテライト使ってるので 水合わせ中は他の作業できて便利です

 

水合わせ終わったっぽいんで 水槽に移そうと思ったら2匹稚エビが生まれてました

まさに生まれたての稚エビです

 

こんな機会はめったにないので
1匹すくって撮影しました

 

いやーほんと小さい

レッドビーシュリンプのう◯こ並に小さい!

ヤマトヌマエビのう◯こより確実に小さい!!

 

フルサイズの一眼レフに100mmマクロレンズで目一杯近づいて撮ったらこんな感じです

 

さすがのマクロレンズでもこんなに小さいなんて…

 

こんなときに最適なレンズがあるんです

そう

「MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト」レンズ!!

よくブログを見てくれている人なら知ってますかね?

過去に2度登場してます

特殊なレンズを手に入れたので撮影してみた

何だこれ?白いサンゴのようなものが!?

 

「MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト」で撮影したのがこちら

画面いっぱいでも1cmありません

めちゃめちゃ拡大できる!

 

さらにトリミングしたものがこちら

 

生まれたばかりでも 親と同じカタチしてるんですね

触覚も額角も歩脚も同じ形 色素胞もばっちり写ってます

柄はバンドタイプですかね

 

ちょっと違う気がするのが ヒゲの近くに細かいヒゲみたいな物が見えるのと
尻尾の形状が…4枚にわかれてなくて1つなのかな?

なんかヒダヒダが生えてるし

 

ササッと撮影を終えて 水槽に戻してあげました

いっぱいエサを食べて大きくなってね

 

しかしこの「MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト」扱いにくすぎる!

ピントの合う位置がシビアすぎる!!

1mmないですね 髪の毛2本分くらいかも!?

Facebook Comments

コメントを残す