アクアリストは網さばきがすごいらしい!?

Pocket

同じ網を使っている人いますかぁ?

 

この中で一般的な熱帯魚店で手に入るのは
4本かな
左のでかい黒いのと 伸びるタイプの3本

 

エビを掬うのによく使うのは右の長さ違いの3本
たまたま手に入れた網で
使ってみたらめっちゃ使いやすい

おかげで他の網でエビを掬うことはなくなりました
※まだ手に入るのかな?

 

形もいろいろ
重さもいろいろ
素材もいろいろ

 

使いやすい網ってどんな網?

●「軽いほうが使いやすいの?」

→僕はNOでした

水に入れたときに余計な浮力がかかると操作しにくいので
普通に沈む方が使いやすい

 

●「柄の太さは関係あるの?」

柄の部分は細いほうが使いやすい

水の中で動かすときに 太いと水の抵抗が大きく
素早く動かせない

 

●「網の色は関係あるの?」

エビの場合 白より青のほうが逃げられにくい

理由はよくわかりませんが
青いほうが掬いやすいですよ

 

こんなとこかな

 

 

あとは

長さは水深に合わせて選択
伸縮タイプは1本あるとかなり便利

 

ブログサーチしてると
網を作っている

 

実は…

エビは掬いやすさより
出しやすさのほうが重要

 

ネットの部分が柔らかいと水から出した時
ネットが潰れてエビが挟まれるので
硬いほうが出しやすい

 

でも ネットが硬すぎると
掬ったときにエビが跳ねて飛び出ちゃう

 

しかも エビは壁に沿って動く習性があるので
網の深さがありすぎると エビが出てきにくい…

 

 

つまり
狙ったエビを掬いやすい網の大きさと
エビを掬っても飛び出ない深さと
エビを出しやすいよう ある程度形が変わらない硬さという
絶妙な具体の網がいいんです

 

とはいえ 使いやすさは個人差があるし
状況によって最適な網のチョイスも変わるので
結局いろいろ試してみないとダメかもね

 

僕は使いやすい網を見つけたので
エビを掬うときのストレスから開放されました

 

 

おまけグッピーを掬うときのコツ

グッピーは意外と素早いので
掬うのもちょっと難しいんです

 

 

グッピーの動きの特徴を知っていると
割りと簡単に掬えます

 

グッピーは網で追いかけると
下に逃げようとするので
網を下側に構えておくと
グッピーから網に飛び込んでくる♪

 

さらに グッピーは持久力がないのか
10秒くらい追い続けると 急に動きが鈍くなるので
狙ったときは掬うまで狙い続けるといいです

 

出すときは簡単で
網を水に入れておけば グッピーの方から自然に出ていってくれるので
手がかかりません

 

 

ちなみに
網を使った後は
水道水で洗って干しておきます

アクアルームにサーキュレータがあるので
風の当たるところに
メンテナンスツールと網を置いてます

 

以上でした

Facebook Comments

コメントを残す