エビの調子が悪いときにまずやらなきゃいけないことは?

久しぶりにイニシャルDを読んでます PEPEです

 

調子悪そうだなぁ

動きが悪いよなぁ

色もくすんできてるなぁ

あーあ また1匹ひっくり返ってるよ

 

なんてことは
レッドビーシュリンプのような鑑賞エビを飼ってる方なら
一度は経験しているでしょう

 

僕もそうです

普段は調子のいいエビの様子をブログやインスタにアップしてますが
実は調子の悪い水槽に困ってます

今は繁殖水槽が2本 動きが悪く ポツポツ落ちます

 

こんなときは今までの経験から原因特定(なんとなくこれかなぁぐらいです)して対策をします

 

わからなければとりあえず水換えです

水換えしないで様子見て解決したことがないので
まずは水換えが基本になってます

 

 

原因を探し出そう

まず大きく分かれるのが 問題が「エビ」か「水」か「環境」か?

 

「エビ」の場合は 寿命・脱皮不全・何かしらの病気(どんな病気があるかはわかりません)

「水(水質)」の場合は 水質悪化・ろ過バクテリア

「環境」の場合は 水温・水流・酸素濃度・エサ不足・ろ過能力

 

 

「エビ」の問題とは

血統的に無理な繁殖をしていると 見た目はキレイだけど体質が弱くなりがちで
水質の変化に弱かったり 寿命が短かったり 脱皮不全を起こしやすかったり 累代繁殖を続けるのが難しくなってきます

こんな感じで 色は濃いけど 体に比べて頭のほうが大きく見えるスタイルは血の詰まりを感じます

※色素胞の密度・成長に比べて体の成長が遅いから 色素胞が密集して色が濃く見えるんだと思います

 

寿命は2年くらいなので いつか必ずその時がきます
それまで大切に育てましょう

 

 

「水(水質)」の問題とは

水質が悪化すると エビのダイレクトに影響がでます
人間でいう大気汚染 ウイルスの空気感染 花粉症をイメージするとわかりやすいかも

エサを与えると 遠くからでもエサに近づいてきたり
メスの脱皮で 抱卵の舞が起きるところを見ると
エビの嗅覚?はかなり敏感だと思われます

 

水質が悪化すると エビの動きが悪くなったり エサへの反応が鈍くなります

ミネラル不足だと エビが脱皮不全になりやすくなります

濾過バクテリアが不足していると アンモニアの分解が追いつかずエビにダメージを与えます

塩素・農薬などの毒物混入 即エビに影響がでるので細心の注意が必要
※特に夏場は水道水の塩素量が多くなるので 浄水器のフィルター寿命に気をつけます

 

中でも濾過バクテリアの状態が重要で
水作り=バクテリアの繁殖 だと思ってます

調子の良かった水槽で 急にエビの調子が悪くなったときは
濾過バクテリアが急激に減少した可能性が高いです

 

水換えで多少バクテリアは減少しますが
たいした影響はないでしょう

酸素不足・雑菌の繁殖によって大量にバクテリアが減少してしまうと
元に戻るまでかなり時間がかかるので
エビを他の水槽に移動させるか バクテリアの追加が必要です

 

水質が悪化していると ドブ臭かったり・卵の腐ったような匂いがしたり・ツーンと刺激のある悪臭がします

汚染がひどければ 水槽を嗅ぐと分かる場合もありますが
水と一緒にソイルや水草を取り出し 数日放置しておくと腐敗が進むので
匂いで判断しやすいです

※調子のいい水なら 汲み置きして放置したままでも悪臭はしません

 

他にもいろいろあるんですが…長くなりすぎるので割愛

とにかく 水はほんと大事!

 

 

「環境」の問題とは

水量が多ければ多いほど 水質変化がゆるやかなので安心です

フィルターは 外部・スポンジ・底面どれでもいけますが
併用すると安心です

外掛けに関してはあまり試してませんが
サイズの割にろ過能力がいまいちだったので今は使ってません
※小型水槽でエビの数が少ない場合に限ってはアリかと思います

 

どのフィルターを使う場合でも ろ過能力の低下に気をつけます

スポンジフィルターは汚れでスポンジの目が詰まるので
定期的にスポンジをもみほぐして汚れを流します

もんだときのスポンジ硬さで汚れ具合がわかるので
固くなる前に定期的にもみましょう
水道水ではなく 飼育水や浄水器を通した水で

 

外部フィルターも汚れがたまると流量が減り ろ過能力が落ちます
エビの場合はストレーナーにスポンジをつけているので
定期的にスポンジをもんでます

スポンジをつけていれば フィルター本体はあまり汚れないので
年に1回程度 ろ材をすすぐようにしています

 

底面フィルターの場合は使うソイルによって大きく変わるので
ソイルの粒の崩れ具合をみて判断してます

底面フィルターはメンテナンスが大変ですが ろ過能力が高いので
今はメンテナンスがしやすい底面フィルターBOXを自作して使ってます

 

水温は 今はエアコン管理なので季節の変わり目だけ気をつければOK
夏でも繁殖しつづけてます
※冬は1,2月に抱卵が止まっちゃいます

 

水温よりも溶存酸素量のほうが重要で
(バクテリアが)酸欠にならないように注意してます

効率のいいエアレーションは 水面を波立たせることだと思ってます
※浮草で水面を埋め尽くさないように気をつけます

 

エアレーションの方法がいろいろあるので
色んなパターンで実験中してます

溶存酸素計があるので時間があるときにデータを取ってます
※計測データを公開はするかどうか検討中

 

水温が上がるとバクテリアの活性があがり バクテリアの酸素消費量が増えるので
エビが酸欠になりやすくなります

水温が上がると溶存酸素量が減るので
夏場は特に注意が必要です

エアコン管理ができない場合は
ファンを設置して 水面が波立つくらいの風量で
水温を下げつつ酸素供給をしましょう
※水の蒸発が早いので こまめに足し水が必要です

 

水面近くのほうが酸素量が多いので
水槽全体を循環できるくらいの水流が必要となります

外部フィルターなら水流の向きを調節して循環できますし
エアストーンだけでもある程度勢いがあれば循環できます

水槽内に余計なものがあると止水域ができやすいので
いらないものは取り出したり 水草を繁殖しすぎていたらトリミングが必要です

 

水草で水槽内が埋め尽くされた水槽で
水草を取り出したとたんに エビがバタバタとひっくり返ったことがあります

おそらく止水域にたまっていた有毒物質が水槽内に撹拌されてしまったためかと

急いで水換えをしたり 特に弱ったエビを別水槽に移動させました

水換えは丸々1本分の量を交換して ようやく落ち着き
移動させたエビは半数が復活 それでも10匹近く失いました

こういうときは大人サイズをエビのほうがダメージがでかいみたいです

 

 

60cm水槽+スポンジフィルター2基+ソイル薄敷き
が初心者にはおすすめかな

 

普段は 文章が長くなりすぎるし つまらないので詳しいことは書いてませんでしたが
たまにはいいかと思って 経験を交えて詳しく書いてみました

それでも書ききれていないので
YouTubeとかでしゃべりながら紹介したほうが伝わりやすいのかなぁ

 

まとめると 水換えは大事 バクテリアは大事ってことです

 

水換えしなくても調子がいいときもありますが
水換えしないほうが調子がいいとは思ってないので
やっぱり定期的に水換え(ミネラル添加)は必要だと思います

繁殖水槽稚エビがワラワラ 稚エビ掬います

土曜日の花火大会は台風で延期
とりあえず撮影ポイントの下見だけしたPEPEです

 

繁殖水槽が順調に稚エビ増殖中

ソイル掃除で稚エビが邪魔になってきたので
育成水槽へ移動させます

毎月定期的に稚エビ掬いをすれば
月にどれくらい生まれているかが大体わかります

今年は月500~1000匹くらいかな
夏場はあまりかわらないけど 冬場の2ヶ月くらいはほぼ0ですね

 

それでは稚エビを掬っていきましょ~

 

水草どかしてみたら 結構いる~

写真では少なそうに見えますが ざっと100匹以上ですかね

まあ実際100匹以上掬ったから言ってるだけです
掬う前は80匹くらいだと思ってました

 

 

初めてエビを掬うところをスマホ撮影してみました

アングルイマイチダッタナ

ってかスマホが邪魔で救いにくいし…

 

エビは壁に張り付いていると掬いやすいですよ
下から上にキュッと引き上げると網に飛び込んできます♪

1cm以下のサイズなら動きも遅いので
網を近づけて浮いたところをサッって感じです

生まれたての稚エビはノーマルソイルの粒より小さいので
繁殖水槽はパウダータイプだけ使ったほうが見つけやすいなぁ

 

スポンジフィルターも取り出しておけばもっと楽だったのに…

便利なメンテナンスツールを閃いた!と思ったら…

100円ショップに置いてあった超強力マグネット

あっ これ使ったら あれをアレできて便利かも!?

 

と閃き ムフフと思いながらマグネットを購入

 

アクアルームに戻り早速試しました

どうですか? いいでしょ?

網をかんたんに取り外しできるマグネット収納です

 

とはいきませんでした…

輪っかの部分が磁石に付かない…

(手で持って撮影してます)

 

なんで?

ステンレスじゃないの? アルミなの?

 

あとで調べたところステンレスでも磁石に付くもの付かないものがあるみたい

 

ピンセットとハサミはちゃんと付きましたが
もしも落ちたら危ないのでやめました

 

結局いつもの場所に戻しました

今までどおり
使ったらいつもの場所に戻しましょう♪

 

いいアイディアだと思ったんだけどなぁ

 

 

 

あっ

磁石にくっつく金属の小さい輪っかを
網の輪っかにつければいいんじゃね?

 

いけますねきっと

 

ではまた良いこと思いついたら紹介します

思い切ってショートにカットしてみた

伸び放題でもこもこだったので思いっきりショートにイメチェンしました

 

 

これが

 

こうなりました

 

根本は枯れてしまったかと思ってたら
とてもきれいな状態でした♪

この状態で育てたら またもこもこになるのかな

 

カットした部分も大量にあるんで
他の石とかに巻きつけて殖やします

 

 

60cm水槽大掃除2日目 ざっくりと骨格作り

大掃除2日目

外部フィルターのおかげでこんなに水が綺麗に

昨日はこんな状態でした

 

 

フィルターのスポンジ部分がこんな状態に!

ゴミ・泥を吸い込みまくり ぎゅうぎゅう状態

水もほとんど吸い込めてなかったんで
もみもみしておきました

 

2日目の今日もソイルの掃除をしつつ
流木と石の配置を決めていきます

 

飼育水を入れながら 泥掃除しながら ソイルを移動しながら
石を配置しながら 流木の位置を調整

 

すること1時間以上

 

 

左側にソイルを盛って
三角構図で行こうかと

流木も足すかな

 

この流木お気に入り♪

なんですが 奥行き30cmでは
前も後ろもぎっちぎちで ガラス面にくっついてます
※ガラス面の掃除が大変

 

流木周りは ハイグロフィラ・ピンナティフィダを中心に
ナロー系のミクロソリウムを使ってボリューム出したい

ピンナティフィダの群生はめっちゃ綺麗なんで♪

縦方向にピンナティフィダ
横方向にナロー系のミクロソリウムでボリュームでるかな

 

前景の絨毯は…あきらめました…

グロッソスティグマを植えてたんですが
成長が悪く ほとんど増えずに失敗

 

ってことで全面の空いてるスペースは
ウォーターフェザーやウィーピングモス マイバラエ プレミアムモスなどで
こんもりした塊をいくつか作ってみたい

 

水槽の真ん中はシャープにどかんと
全面はもっこり
左後ろはふわふわ
右側の空間は余白

 

緻密な計画性も 統一感も ネイチャー感もありません♪

 

長期間で定期的にレポートします
初めての長期シリーズです