超小型熱帯魚とシュリンプを混泳させてみた

Pocket

最近小型の熱帯魚に興味津々のPEPEです

シュリンプメインに飼ってますが 他に
グッピーやアルビノエンゼル アルビノコンゴテトラ バルーンコバルトラミレジィ ポポンデッタ・フルカタ ネオンドワーフレインボー アベニーパッファー オトシンクルス
もいます

が ヤマトヌマエビとしか混泳させてないです
レッドビーシュリンプとかは完全エビたちだけの飼育です

当然水槽内はエビだけなのでそっけない見た目です
(まあブリードしてるのでそれでいいのですが…)

で 最近思ったのが 魚たちと一緒の水槽でエビを飼うと
成長が早いような

もしかして魚のふんがエビたちの栄養にいいんじゃないかと

探してみると結構いました 小さい魚
(サイズは2,3cmくらいで 温厚な性格で エビの水質と合うという条件で )

ラスボラアクセルロディブルー(スンダダニオ・アクセルロディーブルー)
ファイヤーテトラ(レッドテトラ)
ディープレッドホタルテトラ
ボララス・ブリジッタエ
クラウン ・ キリー

今5種類の熱帯魚とレッドビーシュリンプとブラックビーシュリンプの育成水槽で混泳させてます

5種類とも弱酸性~中性とエビと相性良く やや水質に神経質らしいですが
エビの飼育ができる環境なら問題ないですよね
軟水を好むのもいるので そこがちょっと気になりますが
今の所どの熱帯魚も元気に泳いでます

この中でおすすめなのは
ラスボラアクセルロディとボララス・ブリジッタエかな

魚を入れるとアンモニアの排出量が増えると思うので
水換えやろ過には気をつけないといけないですね

うまくいきそうなら魚の量を増やして
魚の餌をあげるだけでエビがどんどん成長してくれるといいなぁと妄想中です

注意事項ですが…
稚エビは餌と間違われて突かれるので 稚エビのいる水槽には入れないほうがよさそうです

熱帯魚のいる水槽に稚エビを入れたら 水中を漂っているときに突かれました!
餌とは思ってないみたいで まぁ無事だったんですけど… 危険だな…

Facebook Comments

コメントを残す