オリジナルシュリンプの掛け合わせプランを考えたら…

Pocket

最近は 寝る頃には外がだいぶ明るくなってますPEPEです
たまに散歩に出かけると野良猫を何匹も見かけます

じっとカメラ目線をしてくれました

最近オリジナルシュリンプを作ろうとレッドビーシュリンプと他のシュリンプの掛け合わせをしてます

すでに何パターンかの子供(F1)が産まれ始めました

このF1からどうしていこうか悩んでます

レッドビーシュリンプのオスを使うかメスを使うかで変わってきそうだし…
F1同士を掛けると何パターンも産まれてきそうで水槽が足りないし…
戻し交配のタイミングもいろいろあるだろうし…

始めてみたもののかなり大変な作業になりそうです

古いグッピーの本を参考にある程度交配パターンを決めておこうと思います


オリジナルシュリンプとはまた違うんですが
フラワータイガーシュリンプのオスとレッドビーシュリンプのメスの交配も始めました

ちょうどお気に入りのレッドビーシュリンプのメスが孵化したばかりだったので
フラワータイガーシュリンプのオスと一緒にサテライトに移しました

一緒にした2日後 早速抱卵!!
タイミング良すぎです
卵の数もびっしり 期待通りです♪

産まれてくる子供の水槽を用意しなければ


ちなみにフラワータイガーシュリンプのメス水槽には
お気に入りのでっかいレッドビーシュリンプのオスを入れました
そろそろ1匹のメスが孵化する予定なので
うまくいけば週末には♪

稚エビのドアップ写真も撮ってみました
いつも使っているマクロレンズよりアップで撮れるレンズです
最大5倍(マクロレンズは等倍)

2cmオーバーのタイガーシュリンプを3倍で撮影
タイガーシュリンプとレッドビーシュリンプの子
タイガーシュリンプとレッドビーシュリンプの子
ケンミジンコ
レッドサンダーシュリンプ レッドビーシュリンプと掛かったかも?
スッケスケだけど表面はキラキラ
レッドビーシュリンプはこのサイズでも色が濃い!
「オレンジタイガーシュリンプのオス」と「レッドビーシュリンプのメス」から産まれた子
産まれたてでこの色乗りは期待できます♪

オリジナルシュリンプの創作活動を始めてからシュリンプの見方がガラッと変わった感じです

エビのことをもっと深く知るいい機会かと思います

Facebook Comments

コメントを残す