シュリンプ撮影法 実物と同じ色味で撮るには

水槽内のシュリンプの撮影は難しいですね

レッドビーシュリンプといった鑑賞エビは大きくても2.5cm前後
※ブリーダーさんによっては3cmオーバーに成長する個体もいるそうです

・エビが小さい
・水草などの物陰に隠れていたり
・水槽の奥の方にいて近づけない
・照明が暗い
・照明の色温度によってエビの見え方が違う
・動き回る
など 色々な理由で結構撮影が大変なんです

 

今回は 照明の色温度と カメラのホワイトバランス設定による
実物と写真の色味のズレについて紹介します

 

失敗例

aqua201609_0091

実際のエビより赤っぽくなってしまった例

エビの白の部分が黄色(オレンジ)がかって見えます
ソイルの色も元の黒から 茶色っぽくなりました

赤色が濃く見えるので 赤足を強調したい場合はこれもありでしょうか?
※スーパーなどでお肉を美味しそうに見せるやつですね

僕の場合はホワイトバランスをオートにしているとこうなりやすいです

 

aqua201609_0092

実際より青っぽくなってしまった例

白の部分が青っぽくなり
ソイルも黒から青っぽく見えます

これはこれで白がきれいに見える傾向があるので
わざと青っぽくとってオークションなどに掲載している方もいるようです

ヴォルティスや興和システムサービスの12000Kように
10000K(ケルビン)以上の色温度の高い照明を使っていると
実際のエビが青っぽく見えます

他の照明ではきれいに撮れる設定でも
色温度の高い照明を使った水槽だと 青っぽくなりがちです

カメラの設定でホワイトバランスより 照明の色温度が高く その差が大きいほど
青っぽくなってしまいます

 

aqua201609_0094

では これはどうでしょうか?

1枚めよりも赤みがなく 2枚めよりも青みが弱く ちょうど良さそうに見えます

実際よりも少し青よりになってます

まぁ許容範囲だと思います

 

aqua201609_0095

4枚目のこれは 実際のエビの色と一番近い色で撮れてます

照明は コトブキのフラットLED1200 ブラック
色温度:10000K 演色性:Ra84

水槽用LED照明の中では 演出性が高い方なので
水草やエビが自然な感じできれいに見えます

最近の照明では ADAのソーラーRGBが一番気になりますね
※税抜き7万ですか… 贅沢な一品です

 

照明の色温度はたぶん10000Kより少し低いくらい
カメラのホワイトバランスは4500Kで撮影しています

単純に照明の色温度とカメラのホワイトバランスは一緒ではないので
ホワイトバランスを変えながら撮影し
見た目と同じくらいになる数値を探します

撮影時の照明ごとに
ちょうどいいカメラのホワイトバランスの値を把握しておけば
色味のズレは解消されると思います

 

ちなみにエビの撮影はほとんどマクロレンズで撮ってます

 

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応

水槽の様子や 群がっている様子をとるときは標準ズームでも問題なく撮影できますが
エビを単体で取りたいときは やはりマクロレンズが必須ですね

ほんとは

 

Canon 単焦点マクロレンズ MP-E65mm F2.8 1-5Xマクロフォト フルサイズ対応

を使って撮影してみたいです

 

次回は「シュリンプ撮影法 お気に入りの1匹をきれいに撮るには」をテーマに
撮影のコツや エビの動きをコントロールする方法を紹介しようと思います

その前に照明の明るさ(強さ)によっても 見た目の印象がかなり変わってくるので
そのあたりも紹介できればと思います

アクアルームにソファーが届きました

2人用ソファ

aqua201609_0816

aqua201609_0818

水槽台の色が黒と白なんで
ソファも黒白のバイカラーを選びました
※インテリアコーディネートって知らないから 単純なチョイスっす

近所のニトリとかホームセンターで色々探したんですが
在庫がなく取り寄せに1週間かかるということで
家に帰ってAmazonをポチッとしました

UNE BONNE 2人掛けソファ コンパクトソファ WHITExBLACK

組立簡単 脚はボルト16本をつけるだけ(工具付き)
背もたれははめ込むだけ 15分ほどで完成です♪

脚を付けずにローソファーとして使う場合は
背もたれ入れるだけなんで すぐに使えます

 

部屋の湿度が常に70%前後
ファブリックだと 時間と共にしっとりしてしまうかと思ったので
レザー(合成皮革)にしました
※多少濡れても平気だと思うし

 

翌日の夜中 自宅でゴキブリ発見!!
そんな時のための

フマキラー 殺虫スプレー 瞬間凍殺ジェット 這う虫用 450ml

こいつでやっつけようとしたんですが…逃げられました

そもそもこれの射程圏内まで近づけないんですよ

 

寝込みを襲われるのが怖かったんで
アクアルームに寝ることに

ソファがあって助かりました♪

アクアルーム ひとまず完成 あとはテーブルとかソファとか

aqua201609_0725

なんだかんだで2ヶ月ちょっとかかり
一応アクアルーム完成です♪

水槽100本くらい置いて エビのブリードルームにしようかと思ったんですが
水草レイアウトに挑戦したり
ボトルアクアリウム・パルダリウム・コケリウムとか ◯◯リウムも楽しみたい

ということで
3m×3mのスペースを確保しつつ
水槽台をレイアウトしました

結局水槽の数は…
120cm 1本
90cm 2本
60cm 39本(エビ用30本)
その他小型水槽 12本

まだ水槽を置くスペースが残っているので
ついつい水槽を置きたくなる衝動と戦う日々が続きそうです♪

aqua201609_0723

ここは有名ブリーダーさんのレッドビーシュリンプコーナー
自分なりの選別でどこまで変わるか試すのと 他の血統のアウトブリードに使う予定

ミナミヌマエビ・ヤマトヌマエビも増やしたい
※ヤマトの繁殖したことないけど… 抱卵中のヤマトいるから試してみる

 

aqua201609_0726

こっちは自分で掛け合わせを試しているレッドビーシュリンプが中心
シャドーとかクラウドもいます

上段の水槽は観察しやすいので きれいな個体は上段に並べてます
GA血統もここにいますよ♪

aqua201609_0730

実はグッピーもいます
昔はドイツイエローとかブルーグラス飼ってましたが
今はRREAフルレッドが大好きです

色温度5000Kくらいの照明だと
赤色がすごく綺麗に見えます

aqua201609_0731

なぜかメダカ水槽も!
メダカの飼育って思ったより難しいかも…

お値打ちメダカで飼育のコツを勉強中です

 

aqua201609_0744

コケリウム・グラスアクア・ボトルアクア置き場
エアプランツもここに飾ろうかなぁ

aqua201609_0746

ミスト式で育てているキューバパールとニューパールグラス・グロッソスティグマ

CO2添加もいらないし コケの心配もないので
かんたんに増やすには最適な方法かもしれません

成長スピードも水中と一緒くらいですね

伸びてくると根本から枯れやすいので
たまにトリミングをしたほうがいいかも

 

aqua201609_0739

ミクロソリウム(活着済み)

aqua201609_0738

ミクロソリウム(子株)にハイグロフィラ・ピンナティフィダ

aqua201609_0740

モス(ウィローモス・南米ウィローモス・ジャイアント南米ウィローモス)

aqua201609_0742

アヌビアス・ナナ ナナプチ オオサンショウモ

aqua201609_0737

有茎 ロゼット ブセファランドラなどなど

 

水草は種類ごとにまとめてストック・育成中

お店の水槽とは違い ソイルは敷いてません

ロゼットタイプ(ランナーで増えるタイプ)はグラスにソイルを入れて管理
有茎タイプはリングに挟んで固定
たいていの有茎草はソイルに植えなくても育成可能です
※CO2や液肥さえ添加していれば大丈夫 なくてもOK

ルドウィジアspスーパーレッドのように育成の難しめの水草は
ソイルに植えてます

ウィローモス ブセファランドラ ミクロソリウム ポゴステモン・ヘルフェリー ハイグロフィラ・ピンナティフィダなど
活着タイプは溶岩石や流木に巻き付けて育成

写真では確認できないですが
それぞれの水槽にミナミヌマエビがたくさん居ます♪
もちろんコケ対策です

 

モスとアヌビアス・ナナの水槽はヤマトヌマエビにまかせてます
食害の心配がない水草は コケ処理能力の高いヤマトがちょうどいいですね

 

aqua201609_0735

変わり種水槽

佗び草に火山型の流木

流木の中にはミスト発生装置が埋め込んであるので
タイマー使って 定期的に噴火?させてます

 

aqua201609_0750

佗び草エキノMIXも順調に成長中!

これってどこまで成長するんでしょうか??

aqua201609_0749

天井まであと60cmくらい…

ある意味成長が楽しみですけど…

 

aqua201609_0752

こっちの佗び草エキノも絶好調♪

佗び草エキノMIXって 水中に入れたら水中化してくれるのかな?

 

aqua201609_0727

ベランダ側はメタルラックで
オーディオや本を置きました

天吊プロジェクターと100インチスクリーンで
DVDを大画面で見れます

数年前に買ったっきり
数回しか使わなかったシアターシステムが
ようやく役に立つときが来ました!

iphone2016_0606

水槽越しのチェコ

iphone2016_0537

逆さまのマイコちゃん

aqua201609_0758

最近ハマっているパフューム
※ちはやふるの影響です

 

アクアルームは本業の打ち合わせで使ったり
ボトルアクアリウム教室とかも始めるかも

興味のある人は 気軽に遊びに来てください♪

シュリンプ水槽の自己流セッティング方法

【ソイル】

レッドビーシュリンプみたいな デリケートな鑑賞エビを飼育するときの
水槽のセッティング(立ち上げ方)は 人それぞれですが
ソイルはノーマルの上にパウダーを敷いて(厚敷)
バクテリアや微生物増えるまで 1ヶ月くらい時間をかけるのが
鉄板だと思います

僕自身 そのスタイルで立ち上げた水槽では シュリンプも元気でよく殖えました

栄養系・吸着系など ソイルのタイプがいろいろありますが
どのソイルを使うにし ろ濾過バクテリアの定着が重要かと

栄養の少ないソイルだと 濾過バクテリアのエサとなるアンモニアが少ないので
パイロットシュリンプやパイロットフィッシュを多めに入れておきます

 

今のオススメソイルは アマゾニアかな

 

【濾過】

濾過フィルターは 水槽のサイズやエビの収容数によって
スポンジ・底面・外部など様々

水の濁りが出やすいソイルを使うとき 濁りが取れない場合は
スポンジフィルターを使うと数日で綺麗になります

濁りの原因がソイルから出る 細かい粒子なので目の細かいスポンジを使うことで
濁りを解消できます

えび伝ソイル(パウダー)はソイルがやわらかく めっちゃ濁るので
スポンジフィルターが効果的です
※濁りを取るのは 水槽が立ち上がってからでもいいかと思います

 

エビが増えてきたり ろ材が目詰まりすると
急にエビの調子が悪くなるので
・濾過能力が高いもの
・複数のろ過装置の併用
・コンスタントにろ過装置のメンテナンス
に気をつけています

 

オススメのスポンジフィルターは
テトラの「ツインブリラント」か
LSSの「LSシリーズ」「LS-Sシリーズ」かな

 

【水槽セッティング】

ソイルの厚敷スタイルで 時間をかけて立ち上げた水槽では
エビの成長も早く 長期間環境維持が可能です

ただ たまに立ち上げに失敗して
シュリンプ達がポツポツ死んだり
最初は順調だったのに 急に調子が悪くなったり
そのたびに水槽のリセットが大変だったりします

 

 

そこでいろいろ試してたんですが
ようやく1つのスタイルに落ち着きつつあります

台湾などの海外でよく見られるスタイルで
水槽の後ろ半分をガラスで仕切って 底面フィルターにソイルを厚敷
全面はソイルを薄敷きというスタイル
10422157_334006250138956_6760692632135166056_n
出展:https://www.facebook.com/jincrs/

 

水槽を加工するのは大変なので
アクリルボックスを使って 底面フィルターにソイルをほぼ満タン
それを水槽にまるごと投入

床面積を稼ぐために コの字型アクリル台の上に乗せます

ソイルボックスの空いたスペースに シュリンプストーンを敷き
残りのスペースにパウダータイプのソイルを薄く敷きます

iphone2016_0331

だいたい1ヶ月くらい空回しすればインフゾリアも湧いてくるので
種親を入れれる状態になります

ただしソイルも水も新しいものを使うと立ち上げに時間がかかり
しばらく不安定な時期がでてくるので
ソイルボックスはあらかじめ予備水槽で数ヶ月使用しておくと
バクテリアも定着して水質安定しやすくなります

60cm水槽には15cmか20cmキューブにソイル満タン入れれば
十分な量のソイルを投入できます

 

ソイルボックスの底面フィルターだけでは濾過能力に不安があるので
スポンジフィルターを併用

iphone2016_0330

スポンジフィルターは パウダーソイル使用時のにごりを吸着してくれるので
粒のやわらかいソイルを使っても 水槽内の水がすっきり透明を維持できます

できれば外部フィルターを併用したいところですが
水槽の数が多いと 設置やメンテナンスがかなり大変なので
1本ごとのエビの収容数を抑えることで 濾過不足にならないように気をつけてます

 

濾材のオススメは
パワーハウスのソフトタイプMサイズかな

 

 

【水草】

繁殖目的の水槽には ウィローモスを多めに入れてます
脱皮後のメスや稚エビの隠れ家としての役割です

育成・選別目的の水槽では 水草を移動しやすいように
流木や石・マルチリングなどに活着させて入れてます
※エビの状態を確認しやすいように 水草は少なめです

 

繁殖水槽には水草たっぷり入れておいたほうが
稚エビの生存率や メスがオスに必要以上に追い回されないのでおすすめです

 

【水質】

浄水器を通した水道水を使ってます

水道水には少しミネラルが含まれていますが
浄水器によっては 重金属の他にミネラルも除去されることがあります

不足したミネラルを補うために
必ずミネラルは添加してます

ミネリッチ・SMWを中心に添加剤を使い
TDSを100以上に調整し 予備タンクで落ち着かせてから使ってます

予備タンクにもスポンジフィルターや底面フィルターBOXを設置し
水換え時に 濾過バクテリアが減り過ぎないように気をつけてます

pHは5.5を下回らないようにpHモニターでこまめにチェック

緩衝作用のあるソイルを使っていれば pHの急降下はまず心配ないのですが
pHが低すぎると 濾過バクテリアの活動も悪くなるので
pH6.0前後が適当だと思います

 

ミネラル補給には
SMW・ミネリッチ・ミロネクトンがおすすめかな

バクテリア・インフゾリアには
アルティメットバクターやシュリンプストーンがおすすめかな

繁殖目的の水槽には
マジックリーフ・ヤシャブシがおすすめかな

 

【水温】

水温は22℃~25℃くらいを目安にコントロール

水温が低くくてエビが死ぬことは まず無いですが
水温が高いと エビが死ぬリスクが高くなります

水温が高いと 溶存酸素量が少なくなるので もともと酸欠に弱いエビが弱ってしまいます
濾過バクテリアの活動も活発になり酸素を消費するので 余計に溶存酸素量が減りやすくなります

水温が高めだと エビの活動が活発になり 成長が早くなるそうですが…

 

水温21℃を下回ると抱卵しにくくなりましたので
繁殖させたいなら水温23℃以上ですね

メスが大きくなるまで抱卵させたくないなら
あえて水温を下げて成長させることも可能です
(冬場の寒い時期じゃないと難しいですかね)

 

 

といった感じで飼育環境を作ってます

やり方は人それぞれなので
色々試して 自分なりのやり方を見つけることが大切だと思います

 

次はエビの飼育方法(エサやり)とか選別方法とかを詳しくまとめて見たいと思います

 

 

誕生日プレゼントはトランスルーセット・グラスキャット~~♪

aqua201609_0068

今年の誕生日プレゼントはトランスルーセット・グラスキャット15匹です♪
※僕じゃなくて奥さんへのプレゼント

お店に連れて行くたびに 欲しいと言っていて
買えばいいじゃんと言っても 結局買わなかったグラスキャット

毎年プレゼントは
欲しいけど自分では買わない物を選んでました

ということで今年はこれです♪
※ホントは自分も買ってみたかったのは内緒にしてあります

 

購入時に1匹に謎の白い点がくっついて
翌日もう1匹が体が白く濁ってきたので
2匹を別水槽で隔離しました
※メチレンブルーで様子を見ます

aqua201609_0044

トランスルーセット・グラスキャットは臆病でおとなしい性格ということで
1箇所に固まって仲良く泳いでます

泳ぐと言ってもヘリコプターのホバリングみたいに
その場に止まっているかのようにフヨフヨしてます♪

aqua201609_0040 aqua201609_0041

上の2枚の写真を見比べてもらうとわかりやすいんですが
後ろから2番めの子だけ場所が少しずれてるんですが
他の子はピタッと同じ場所なんです

 

ナマズの仲間で夜行性なんですって
それにしても奇妙なルックスですよねぇ

体全体が透明でスッケスケなんですが
光の当たる角度によって 表面が輝いて見えます♪

内蔵は頭の部分にギュッと集約されていて
透けてない部分がその全てです

 

エサはなんでも食べるっぽいですが
浮いてるエサや沈んだエサには気づきにくいので
ゆっくり沈んでいくエサがおすすめです

冷凍アカムシはよく食べるらしいですが
家では冷凍庫にエサを入れておくと怒られるので
冷凍アカムシは買えません…

 

最後に…

飼ってみてわかったんですが
トランスルーセット・グラスキャットはビュンビュン泳げます!
ゼブラダニオ並みのスピードがでます!

 

動画撮れたらアップします