来年に向けてシュリンプの動向のお知らせ

今月2回も水槽部屋を水浸しにしたPEPEです
…いいかげん学習して欲しいものです ボケてきたんかな

最近エビネタが減ってますが
相変わらず楽しんでますよ♪

繁殖も順調でときどきヤフオクに出品してますが4千匹台をキープ
来年は5千匹まで増えそうです

エビの飼育繁殖についてアドバイスをする機会も増えてきました
他の方も同じ様な悩みを抱えているみたいです

トラブルを未然に防ぐ方法や 繁殖のコツなど
いろいろノウハウが溜まってきたので
どこかで情報公開しようかと思ってます

すべて自分で試したことや自分で経験してきたことなので
ネットや本に載ってないことだらけだと思います
来年お楽しみに♪

新しく初めたこともあります
それは…オリジナルのエビを作ること!

特に海外ブリーダーたちは盛んにやってますが
僕もやってみたくなりました
だって楽しそうだから♪

自分でいろいろ掛け合わせをしてみたら
もっとエビのことをわかる気がしてます

まずはレッドビーシュリンプをベースにいろいろ掛け合わせて見たいと思います

オレンジタイガーシュリンプ♀×レッドビーシュリンプ♂

早速レッドビーシュリンプのオスとオレンジタイガーシュリンプのメスがかかり
抱卵してくれました

同時進行でオレンジタイガーシュリンプは累代繁殖させて
系統を維持しつつグレードアップを目指します

タイガーシュリンプのメス抱卵中

タイガーシュリンプもメス3匹隔離 レッドビーシュリンプのオスと一緒にしてます

ラメっぽい表現のレッドサンダーシュリンプのメス

レッドサンダーシュリンプも手に入れました
メスを6匹隔離 レッドビーシュリンプのオスと一緒です

オレンジタイガーシュリンプの稚エビ
レッドサンダーシュリンプの稚エビ

タイガーシュリンプ・レッドサンダーシュリンプ・オレンジタイガーシュリンプ
それぞれ稚エビが生まれてます

中でもオレンジタイガーシュリンプは体型もいいし
抱える卵の数もたっぷりなので 期待しています

レッドビーシュリンプのオス2匹とレッドサンダーシュリンプのメス6匹
レッドビーシュリンプのオス2匹とタイガーシュリンプのメス3匹
レッドビーシュリンプのオス2匹とオレンジタイガーシュリンプのメス4匹

ここからスタートです

生まれた子供同士で掛け合わせるか…
さらにレッドビーシュリンプと掛け合わせるか…
レッドビーシュリンプのメスを使うか…

色んなパターンを試していきます♪

水槽の整理・増設中 レッドビーシュリンプの系統も整理

シュリンプ飼育当初から稼働していた
60cmマンション水槽(60cm×1本 30cm×6本)を撤去するために
いろいろ整理してます

まずはシュリンプたちの引越し先を準備
120cmサイズの3段水槽台を自作で組み立てました(詳細は後日紹介する予定です)

2015-10-04 21.39.45

1段目に90cm水槽(90cm×45cm×45cm)を設置
2段目に45cm水槽(45cm×30cm×30cm)を3個設置
配管をして 4つの水槽をつなげました

またマンション型の水槽を作っちゃいましたね
設置は面倒なんですけど 水質管理や水温管理が楽なんですよね

水槽セッティングはソイルは薄敷きで 定期的に栄養系ソイルを足すスタイルです

ろ過システムにはエーハイムのサブフィルターを通してコンパクトポンプで各水槽を循環させ
45cm水槽にそれぞれスポンジフィルター
90cm水槽には底面濾過を2機設置

底面フィルターは20cmキューブ水槽や20cmアクリルキューブを使って
ソイルを激厚敷きにしたものを キューブ水槽丸ごと水槽に入れてます

台湾で主流になっている 水槽の後方や左右を仕切って
片方には底面フィルターを設置しソイルを厚く敷き
もう片方はソイルを薄く敷くスタイルと似ています

僕の場合は 水槽を直接仕切るのは大変なので 小型水槽を使ってます

この方法だと大掛かりなリセット作業が不要で
底面フィルターの水槽だけを交換すればリセット完了です

事前に底面フィルター水槽を別水槽で空回ししておけば
古いのと新しいのを入れ替えるだけでリセットできます

栄養系ソイルの入れ替えも簡単で 水換え時にソイルごと吸い出し
新しいソイルをパラパラ撒くだけです

ちなみに新しいマンションにはシャドー・ハイブリッド(クラウド・ナナシー・ホルスタイン)・レッドビーシュリンプ(ハネ個体のミックス血統)を収容します