アクアルーム 水槽台の棚板をレザー張りで仕上げてみた

いきなり完成した写真から

iphone2016_0185

棚板はこんな感じに仕上がりました

 

前回までに 水槽台の枠が1台できたので
次は各段に置く 棚板を用意します

使う材料はホームセンターで手に入る「パネコート」の12mmです
※コンクリートの型枠などに使われる材料のようです

1800mm×900mmのサイズで1400円位と
同じサイズの板材の中では安く手には入ります

60cmの正方形でカットしてもらい 一段に二枚並べて置きます
※一枚120cmだと重くてかさばるので 二分割にしました

 

裏面は黒色に塗装し
水槽が乗る表面にはレザー(ビニールレザー)を張ります

レザーもホームセンターのテーブルクロスコーナーに10cm単位で量り売りされてます
幅が120cmくらい 10cm単位で140円くらい 棚一段分だと70cmあればいいので
レザー代は約1,000円 板材と合わせて1,700円くらい

棚板の材料費は 水槽台1台分(三段分)で約5,800円…
あれっ? 結構お金かかりますねぇ

 

板材とレザーに接着ボンドをスプレーし
手で触ってもくっつかないくらいにまで乾かします

iphone2016_0179

板材とレザーを重ねて

iphone2016_0180

密着させます

iphone2016_0181

真ん中でレザーをカット
周りの余分なレザーもカットし シワを伸ばしながらレザーを密着させます

本当はドライヤー等で暖めて引っ張りながらやると
シワも伸び 綺麗に貼れ パリッと仕上がります
※今回は見える箇所ではないので 軽くシワを伸ばす程度にしてます

iphone2016_0186

レザーの黒と 水槽台の黒
思ったより色が近いのでしっくり来てます

iphone2016_0187

板の縁は隠れるので未塗装のままでいいかなぁ

2枚並べると継ぎ目も目立ちませんでした

iphone2016_0185

接着ボンドは使い慣れた「G17」を使いました

ボンド G17スプレー

少しコツが必要で 気温が低いとボンドが出にくく だまになりやすく
吐出口にボンドがくっつき どんどん出にくくなってしまいます

使う前にお湯で温めて内圧を上げておくと 綺麗に霧状になります
こまめに吐出口を拭き取りましょう

 

ちなみに LED照明も付けました

iphone2016_0183

長さ120cmのLED照明で 1台約1300円と激安です

Amazonで手には入ります

LED蛍光灯 40W形 100V/200V対応 昼光色 18W 乳白カバー

120cm1灯式照明器具*簡易型* <LED蛍光灯専用>4台セット

40w型で
消費電力: 18W
全光束: 1800lm
色温度: 6500K(昼光色)

と 消費電力の割に 明るく色も白っぽいので使えそうです
※寿命や耐久性は使ってみないとわかりませんが

実はこのLED照明が使いたかったから
わざわざ120cmサイズの水槽台にした部分も大きいんです

アクアルーム 水槽・アイテム続々搬入 水槽台1個完成!

自宅にあるメタルラックや大量のアクアリウム用品を
こつこつ運んでます♪

iphone2016_0160

部屋の中心で水槽台の制作をしつつ
水槽買ってきたり オーディオなどの機材も持ってきました

この部屋でホームシアターもやります♪

iphone2016_0158

 

iphone2016_0161

水槽台ができたら 水槽や照明の設置 エアーポンプの配管などをやり
空いたスペースに また水槽台を置いて… を3回位繰り返せば完成かな
※まだまだ1ヶ月くらいかかりそうですけど

iphone2016_0163

玄関開けたら部屋が丸見え and 部屋からキッチンと玄関丸見えだったので
ロールカーテンで仕切りました

サイズぴったりでよかった~♪

日本は昔から基本寸法があるみたいなので
既成品でもちょうどいいサイズがあるから便利ですよね

基準の大切さ・便利さ・ありがたさを感じます

 

10日目にして水槽台がようやく1台完成しました(枠だけですけど…)

iphone2016_0168

iphone2016_0172

棚板と水槽おいたらこんな感じです
とりあえず同じサイズをあと3個作ります

棚板は黒塗装にレザー張りで仕上げる予定

レザー張りは車の内装カスタムで何度もやっているので
平面張りは楽勝です♪

水槽上部には蓋?カバー?を付ける予定です
照明をつけた時に眩しくないように

 

毎日暑い中
水槽台を作りつつ 照明・電源配線・エアーの配管を進めていきます♪

 

ポツポツ死が発生した水槽のリセット

1ヶ月くらい前からエビの調子が悪い小型水槽がありました

エサを減らしたり一部ソイルを入れ替えたりしてたんですが
どうにも良くならず 弱って☆になる個体が出てきてしまいました

負の連鎖はとまらず いわゆるポツポツ死が発生!

iphone2016_0139

水槽には 見たこと無いちっちゃい変な虫みたいなものまで発生!!

ウィローモスも変色しており どうしようもなさそうということで
リセットします

原因はおそらくバクテリアだろう ということで
水草とのヤシャブシの廃棄し
ソイルボックスとスポンジフィルターの入れ替えと水槽丸洗い

 

 

早速 水草とソイルボックス・スポンジフィルターを取り出し

エビを掬いました

iphone2016_0141

iphone2016_0144

ラムズも1匹いたんでエビと一緒に

iphone2016_0146

リセット作業はさくっと終わりです

水槽を洗って元に戻し
ストック水槽で準備しておいたスポンジフィルターとソイルボックスを設置

そこに 水換え用のストック水槽から注水

iphone2016_0145

水が溜まったら サテライトで水合わせします

 

iphone2016_0149

スポンジフィルターとソイルボックス(底面フィルター)は
この水槽でいつでも使えるように準備してバクテリアを定着させてます

水換え用の水も pH・TDSを調整して貯めているので
水槽の立ち上げや リセット時も立ち上がりが早くて済みます

 

リセット後3日経過しましたが 徐々に良くなってきている感じです

エサの食いつきも前より良くなってきました

アクアルームの水槽台の塗装

iphone2016_0079

SPF材の塗装をしてみようと思います

塗装前に下準備として 木材のバリ取り

iphone2016_0086

カットした断面はささくれが残っていることがあるので
紙やすりでこすって綺麗にしておきます

チクチクしない程度にざっくりと行います

 

今回使う塗料は 水性のマットブラックです

iphone2016_0083

 

ホームセンターに行くと 色んなタイプの塗料が置いてあり どれを使おうか迷いました

マットブラックは2種類だけだったので 単純に安い方を選びました
どれも使ったことがないので 逆にどれを使っても大丈夫でしょう
※使い比べができないので 良し悪しの判断ができませんもん

 

 

ちなみに塗装で使う道具はこちら

iphone2016_0082

 

ローラーとトレーしか使わないかもですが
バラで買うと高くつくので セットのものを買ってみました
どれも持っていなかったので これで十分でしょうかね

 

2kgってどれくらいの面積を塗れるんだろうか?

どのくらいの厚さで塗ればいいんだろうか?

1度塗り?2度塗り?

まぁ とりあえずやってみればわかるでしょ
ということで ぶっつけ本番です!

iphone2016_0088

塗れました~♪

まずは水槽台の支柱6本分の1面を塗ってみました

1本1本塗るのは大変そうだったので
複数枚を並べて1面ずつ塗ることに!

iphone2016_0089

90度回転させて 側面を塗りました

で しばらく乾燥させて さらに90度回転して塗装

iphone2016_0095

最後に90度回転させて

iphone2016_0099

最後の1面を塗り終わりました

思ってたよりスムーズに作業が進んでよかったです

iphone2016_0102

このコロコロローラーめっちゃ使いやすかったです♪

同じ要領で 他のパーツも塗っていきます

iphone2016_0106

ニオイもほとんどしないので 部屋の中での作業も大丈夫ですね♪

まだまだ塗料が余っているので どんどん塗っていきます
※トレーに塗料を出しすぎたみたいです

iphone2016_0103

塗り終わった材料はベランダに移動させ
空いたスペースで 塗装を繰り返します

iphone2016_0107

用意していた木材はすべて塗り終わりました

気温が高いので乾くのも早いですね
説明には1時間くらいとありましたが 15分位で触っても大丈夫で
30分くらいでほとんど乾いてました

 

これからまだまだ木材を買ってくるので
バリ取り 塗装・組み立ての日々が待ってます

最後に コロコロローラーで塗っているところをスマホで撮ってみたので
せっかくなので載せておきます

 

アクアリウム専用部屋 入居初日の様子

7月1日の入居日
早速荷物の運搬作業をはじめました

自宅マンションから専用部屋まで
小走りで1分くらいなので 少しずつ運べばいいんですけど
自宅マンションにはエレベーターがないので 階段の登り降りがめちゃ大変!
※しかも4階なんですよ…

近いとはいえこの暑さの中 すべて手運びは過酷すぎるので
愛用のキャリーが大活躍です

山善(YAMAZEN) マルチキャリー MC-90(DBR)

僕のは赤色です ホームセンターで買いました

このタイプのキャリーはいろんなメーカーから出てますね
折りたたみだし 頑丈だし ちょうどいい大きさだし タイヤも大きめだし かなりおすすめです

iphone2016_0074

 

まずは新しく手に入れた 水槽(新品・中古)や自宅で使わないアクアリウム用品と
これから作る水槽台の材料から運んでます

 

iphone2016_0073

水槽台の材料は近所のカーマでSPF材をカットしてもらってます

同じSPF材でも お店や仕入先・サイズ(長さ)によって 質がぜんぜん違うので注意が必要ですね
自分でカットや研磨などの加工ができればいいんですが そういうわけではないので
できるだけ表面が綺麗で 歪みや反りがないものを選んでます

1200mm×600mmのサイズで3段になる水槽台を6台置く予定です

横幅が1300mmくらい 高さは1800mmくらい

iphone2016_0078

とりあえず 水槽台1台分の材料を用意しました

 

1200mm×600mmというのは60cmレギュラー水槽を縦置きで4個置けるサイズで
2段で8個置けます

 

今回用意したLED照明のサイズが120cmなので ちょうどいいんですよね♪

 

1台で60cm水槽が8個
6台で48個 コトブキのフレーム水槽で統一します
全部レッドビーシュリンプ用です♪
※重さやメンテナンス時の取扱やすさを優先しました

最上段はとりあえず雑貨を置いたり 空き水槽置き場になるかも

 

他のスペースにはオールガラス(フレームレス)の
30cmキューブや60cm・90cm・120cm水槽を置きます
※こっちはクラウドシュリンプとかグッピーとか水草のストック用とか 水草レイアウト用として使う予定

 

インテリアはモノトーンでモダン?な感じにしてみたいので
水槽台も黒色に塗装します
※オシャレなインテリアでよくある 木材やレンガを使ったコーディネートは僕には無理なので シンプル路線でいきます

 

次回は水槽台の塗装編をお届けします

iphone2016_0081

実は刷毛やローラーで塗装するのが初めてなので
うまくいくかはわかりません ぶっつけ本番です!