そろそろピンがけ水槽のオス[GA系統4代目]を選びます

aqua201604_0992

背中の日の丸が「ハート型」に見える キュートなレッドビーシュリンプ!!

3代目のオスも 左右非対称の日の丸柄で ハートっぽく見えました
ほんとに3代目とよく似たオスです!

 

それにしても マロ点の間の3つの白点って遺伝しやすいのかな?

aqua201604_2336

この子も

aqua201604_2035

この子も

aqua201604_1418

この子も3つの白点がある~
やばい この白点が気になって ついついひいき目で見てしまう♪

 

撮りためた写真を見てたら気になる写真が!

aqua201604_2036

aqua201604_2038

aqua201604_2039

誰だ!?


こんなに脚(歩脚)の先まで色が乗る子いたっけ?

 

この水槽(GA系統)は体色が特徴的で
純白というよりは 白地にうっすら黄金色が乗って 赤が濃く
赤と白のキワににじみがなく クッキリ色がわかれている個体を優先的に残してます
(もちろん元気で成長の早いのが前提です♪)

ただ 脚の色乗りはまだまだ改良の余地ありなんです

 

それなのに写真の個体は綺麗に脚先まで
赤白のツートンカラーで 発色も綺麗!

 

最近仕事が忙しかったんで
じっくりレッドビーシュリンプを眺めていなかったから気づかなかったです

 

GW中に時間があったら 写真の子を探してみます
オスかな?メスかな?

 

もしもオスだったら
4代目の種親にするか 別系統を立ち上げたいなぁ

今持ってるアクアリウム関係の本をまとめてみます

趣味にハマると本が増えるタイプです

テニスとか車とかWeb制作とかアクアリウムとか

 

レッドビーシュリンプにハマってからエビ関係の雑誌が増えちゃいました

 

このブログも今やエビブログになってきて
閲覧者もエビ関係の方が増えてきました

 

そこで僕の持っているアクアリウム関係の本を紹介してみます

 

 

Web本棚の「ブクログ」というサービスは
クラウド(シュリンプの方のクラウドじゃないですよ)で本の整理をできるサービスです

スマホアプリもあり 本のバーコードをスマホで読み込むと
自動的にほんの情報が登録できて非常に便利です

カテゴリを作って整理できるし レビューも書いておけるしね
まさにデジタル本棚が作れます

 

あと個人的に一番便利な使い方は 本屋さんに行った時に
この本前に買ったかな? ってときに 本のバーコードをピッとやれば
自分の本棚に登録されているかがすぐにわかります

同じ本を2冊買っちゃうこともなくなりますよ♪

 

なんか「ブクログ」の紹介になっちゃいましたが…
最近はエビ関係の昔の本を集めてます

2016-04-25 03.21.06

というのも 10年以上前からレッドビーシュリンプを飼育している方のブログや雑誌記事を見ると
「以前は3cmくらいのサイズがいた」とか
「卵の数が減った」とか
「殖えにくくなった」とか
自分の知らない歴史があるみたいで 非常に気になりました

レッドビーシュリンプの(初めの?)ブームって過ぎてたみたいですね
僕的には右肩上がりで盛り上がってますけど♪

 

レッドビーシュリンプのクオリティは段違いに上がってますね
10数年前にSグレード(ハイグレード)と扱われていたエビも
今では一番安い価格帯で扱われています

エビの進化は Web業界並みのスピードで進化してるみたいです

 

ちなみに ヌマエビのカラダのパーツを詳しく紹介している記事が見つかったので
近いうちに紹介します

【最速!?】 第16回紅白黒白祭 最終結果まとめ

matsuri 16th impact」終了しました

落札個体の結果一覧があるので 気になる方は
「第16回紅白黒白祭」 ←をご覧ください

 

最終的に57匹落札され 落札合計金額は\1,672,388

 

今回で3回目の参加だったのですが
ちょっと面白いデータがあるので紹介しておきます

といっても ただの落札金額のグラフですけど♪

 

まずは
[第14回紅白黒白祭 matsuri 14th impact]

Screenshot_182

 

続いて
[第15回紅白黒白祭 matsuri 15th impact]

Screenshot_183

 

そして今回の
[第16回紅白黒白祭 matsuri 16th impact]

Screenshot_181

何が気になったかというと
だんだん グラフがなだらかになってきていることです

 

上位のブリーダーが ダントツに飛び抜けていたのが
人気が分散され 価格の差が縮まってきています

 

オークションの特性上 「人気=価格」 「エビのクオリティ=価格」 ではないのですが
それでも エビの写真に価格ほどの差はなかったように思えました

もちろん写真だけでなく
それまでの長年に渡る 経験や実績・信頼などが大きく影響していると思います
(むしろ そっちの方が重要かも!?)

 

・濃すぎるほどの赤色
・とびっきりの純白
・他とは一線を画すスリムなプロポーション
・成長が楽しみな若個体
・どっしりしたド迫力ボディ
・鮮やかな紅白
・別名を付けたくなるほどのブラックビー

 

同じビーシュリンプなのに
個性豊かでバラエティに飛んだラインナップだったと思います

やっぱり実物を見比べてみたいですよねぇ

 

 

今回は 祭り開催期間中の 価格変動グラフも作ってみました

Screenshot_184

Screenshot_186

価格の変動が大きいのは 始めの1,2日と最終日ですね

Screenshot_190

Screenshot_191

こちらは調査日ごとの価格一覧です
(だいたい1日おきの価格一覧です)

前日より価格が変動したところは 背景色がオレンジ色になってます

 

 

エビの出品で1週間は結構長いですかね~

1週間あると 脱皮したり抱卵・孵化する可能性が高まります
それだけなら特に問題ないのですが
中には調子が悪くなったりして 出品を取り消すこともあります

まぁ最終日に入札が集中するのは それまでの期間の
ウォッチやアクセス数が影響してくるので
単純に 出品期間を短くすると 入札数自体も減る気がします

 

オークション出品前に
Webサイトやブログで 出品予定の個体を紹介して注目を集めておいて
実際に 出品する期間は3日ぐらいなら
注目も集めつつ 出品期間を短縮できるかも

これなら 事前に紹介している期間に 予定個体が調子悪くなっても
出品時に 別の個体に変えることもできそうです

 

出品前に ブリーダー名を伏せて 写真だけで人気投票しても面白いかも
(オークションに入札しない人でも 投票には参加できますし)

 

 

実は本業がWebプログラマーだったりするので
データ取ったり分析したりって作業は 苦手ではないんですよね

むしろ いろんな発見があるから好きかも♪

 

なんか色々書きましたが 実際にやろうと思うと かなり大変そうなので
管理を頼まれたら とりあえず断りますよね

 

毎回大変な作業を続けていらっしゃる
祭実行委員・サポートショップの方々には感謝と御礼を申し上げます

 

 

「紅白祭」4/16(土)終了 25匹落札合計金額は…

つい先程 「紅白祭」の4/16(土)終了組の25匹が落札されました

落札合計金額は70万オーバー!!

やはり終了間際に 落札者様同士で駆け引きがありましたね♪

今のところ最高値は105,000円ですかね

 

ちょうど熊本のブリーダーさんも出品されてたようで
そちらはなんと122,000円!!
(※抱卵中のメスとおまけのオス)

何度か取引をしたことがあったので 地震の影響で大変なことになっているのでは と心配しておりましたが
なんとか無事とのことでひとまず安心致しました

地震の影響で水槽が倒れたり 水が溢れたり 生体が飛び出してしまったりと
他人事ではないことが起きているそうです
(※実際はアクアリウムどころでは無いと思いますが このブログではアクアリウムに関することだけにさせて頂こうと思います)

 

素敵なブログを書かれているアクアリストの方も 水槽が倒れたそうです
「水草でしたらお譲りします」とコメントしたところ
『地震対策や対策の見直しをしてくださいね』と 逆に温かいお言葉をいただきました
(感謝いたします)

 

引っ越しとアクアリウム設備の見直しを検討中です

最後のPR 「紅白祭」本日終了日 ♂のレッドビーシュリンプどうぞよろしく!

今日の午後10時ごろ ヤフオク!終了時間となります

どうぞよろしく→ 「紅白祭」 〓GarnelePEPE〓 レッドビーシュリンプ

 

ここ数日は入札がたまにあっただけで 価格の変動がすくなかったですが
終了時間が迫ると 入札ラッシュが予想されます

自分が参加した時から 「紅白祭」のデータをGoogleスプレッドシートにまとめてました
ヤフオク!紅白黒白祭リスト(第16回) 
(※気になる方のみ見てみてください 裏情報はありません ヤフオク!にアップされている情報のみ掲載)
今回は毎日現在価格を記録したので 今までの価格の推移がグラフで確認できます

終了時間までは1時間ごと30ごとに記録してみようと思います
現在価格のグラフがどこまで伸びるか楽しみです♪