ボトルアクアリウムの作成風景を撮影してみました

ボトルアクアリウムを初めていろいろ紹介していた所
「ボトルアクアリウムって実際どうやって作っているの?」
という質問をよく聞かれるようになりました

そこで実際の作っている様子を撮影し
ノーカットでYouTubeにアップしてみました
※編集技術がないから カット割りとかできないだけですけどね・・・

https://www.youtube.com/watch?v=n52lbXp7A-s

完成品がこちらです

 

aqua2014080313

 

aqua2014080258

今回はニューパールグラスを植えてみました
ニューパールグラスは二酸化炭素の添加や高光量だとキレイに育ちますが
ボトルアクアリウムでは育つかなぁ まめに水替えすれば二酸化炭素は供給できるはずだけど

aqua2014080266

 

アカヒレくんも気にいってくれるといいですね

aqua2014080259

ミナミヌマエビもさっそくツマツマしてくれてます

aqua2014080333

現在12種類のカラーバリエーションがあるので
今後も色んな組み合わせを試して見たいと思います

一人で作ってるだけだと飽きちゃいそうだから
近所のコワーキングスペースをお借りして ボトルアクアリウム教室でもやったら楽しそうかも

 

クリエーターズマーケットにボトルアクアリウムを作品として申し込んでみました!

東海地方最大のクリエーターの祭典
クリエーターズマーケット」vol.31

第31回は2014年11月15(土)16(日)の2日間です

Screenshot_1

趣味の一つに過ぎなかった アクアリウムは
今年から事業として行うことにしました

aqua2014060233

 

というのも本業のWeb制作の依頼で
Yahoo!ショッピングの構築を受けたのがきっかけです

自分自身Yahoo!ショッピングを使って見ないと
お客様のYahoo!ショッピングの構築時に何かあった時に対応できないかも

自分のショップを持っていればいつでも検証・対応できるはずということで
Yahoo!ショッピングで販売出来そうな商品はなにかないかと考案

それが手軽に作れる「ボトルアクアリウム」でした

aqua2014080218

まだWeb申込みをしただけで 結果は10日以内に来るそうです

すでに残りのブースがごくわずかみたいなので
参加できるかわかりませんが もし参加できるなら色んな人に
「ボトルアクアリウム」の魅力を伝えられればと思います

 

グッピー(ゴールデンジャーマンレッドテール)や
レッド・ビーシュリンプ(ブラック・ビーシュリンプ)も
繁殖に成功し 徐々に数が増えて 大きく育ってきています

水草も増えすぎて困るほど

こちらもオークションやショッピングサイトで販売していく予定です

今後も「アクアリウムペペ」をよろしくお願いいたします
※ネーミングセンスが悪いと もっぱらの噂です

 

 

 

実家にボトルアクアリウムを持って行きました

 

 

 

お盆に実家に寄ってきました
ついでに自宅で1ヶ月飼育していたボトルアクアリウムを持って行きました

aqua2014080222

 

単純にプレゼントというわけでなく
実際に梱包してみて 車で運んでどうなるのか気になったので
帰省ついでに試してみました

aqua2014080212

こんな感じでちょうどいいサイズのダンボールケースに 緩衝材を巻いて梱包
aqua2014080217ついでに撥水性のコースターと アカヒレ用の餌とピンセットをセットにして
ピンクの紙バッグに入れてみました

実家までは車で1時間半くらいかかりました(ちょっと道が混んでましたね)

実家について 早速中身を開けて見ましたが

aqua2014080220

水漏れやレイアウトの崩れ・アカヒレ・ミナミヌマエビも元気で
まったく問題ありませんでした

これならクリエーターズマーケットとかに参加しても
お客様に安心してお持ち帰りしてもらえるはずですね

参加してみようかな?

 

 

ボトルアクアリウムの検証報告 飼育のコツをまとめてみました

小さなボトルで水草・小魚が飼育できるのか検証してました

aqua2014070699

 

7/17日から約1ヶ月経過しました
1日一回のごく少量の餌やりと
数日おきにボトル内の水替えのみで魚も水草もゆっくり成長してくれています

半信半疑で始めたボトルアクアリウムでしたが 小さなボトルでも飼育できますね

飼育のコツとしては

  • 餌を与え過ぎない
  • 生体はボトルのサイズに合わせてごく数匹のみ
  • 水草を適量いれる
  • 水草が光合成できるように 光の当たる場所に置くか 光を当てる(直射日光は厳禁)
  • 定期的に水替えを行う(夏場は頻繁に)

以上のことに気をつければ ボトリウムを楽しめそうですよ

aqua2014070835

水替えはボトルに水を注ぐだけ

aqua2014070828
水換え用の水は 水道水を空きペットボトルに入れておいて ボトリウムと同じ部屋に置いてます
※1日2日で塩素が抜けるし 水温も一緒になります(水道水を当日使う場合は 市販のカルキ抜きを使うことをお勧めします)

ペットボトル内に炭酸水のように泡がついてますが これは二酸化炭素です
水道水には二酸化炭素が豊富に含まれているので
水替えすることで 水草の光合成に必用な二酸化炭素の供給にもなります

※浄水器を通した水は二酸化炭素がかなり減ります(使用している浄水器にもよりますが…)

 

ということで
ボトルアクアリウムを検証してみて色々勉強になりました

aqua2014070998

これからはいろんなボトルアクアリウムを作っていこうと思います

 

レッド・ビーシュリンプが抱卵している真っ最中の撮影に成功!

なりゆきでビーシュリンプを飼い出してから なんだかんだで
結局オーバーフロー式のマンション水槽を自作して 30cmを6本でビーシュリンプを飼育しています

aqua2014070992

 

家で飼ってるレッド・ビーシュリンプは だいたいこんな感じのです

aqua2014071014
aqua2014070173

 

aqua2014070786

ブラック・ビーシュリンプもいます

 

aqua2014070874

 

個人的には 赤がきれいなバンドタイプが好きです

 

 

 

 

すでに抱卵している個体も何匹かいて…

aqua2014070463

 

 

タイガーの子や

 

aqua2014070561

日の丸の子も抱卵中

思ったより卵が大きいんですね ミナミヌマエビの卵よりも大きいかも!?

 

いつの間にか抱卵しているといった状況でしたが
様子のおかしいレッド・ビーシュリンプがいたので
慌てて撮影したのが次の動画です

ツマツマしてる途中でピタッと止まって お腹を上下に動かす仕草を見せます
初めて見る行動ですが おそらく卵を一つづつ産んでるっぽいです

見つけた時にすでに何個か卵を抱えていたので
実際はどのくらいの時間で抱卵するのかわかりませんが
1時間くらいかかるのかなぁ (今度詳しい人に聞いてみよう)