ビーシュリンプの仕分け 全部で126匹って!

2cmオーバーの子は
レッドビーシュリンプが20匹 ブラックビーシュリンプが18匹
ブラックビーシュリンプは60cm水槽へ投入しました

aqua2014051851

レッドビーシュリンプは30cm水槽へお引っ越し
(ほんとはグッピーの交配用で用意しておいたんですが…)

1.5cm未満の小さい子はサテライトSに分けておきました

aqua2014051894

小さい子達はレッドビーシュリンプが多かったですね
レッドビーシュリンプが38匹 ブラックビーシュリンプが23匹

残った1.5cm~2cm前後の仔達は
ブラックビーシュリンプは60cm水槽へ(10匹)

aqua2014052115
レッドビーシュリンプは30cm水槽へ(17匹)

aqua2014052148

仕分けながら数えていたら全部で126匹もいました

抱卵しているメスもいますね
aqua2014051835

タイプはバンド・タイガー・日の丸・進入禁止がいて モスラも1匹確認しました
グレード的にはアクアリウムショップで数百円~3,000円前後のクラスだと思います

aqua2014060533

サイズ レッドビーシュリンプ ブラックビーシュリンプ
L 20 18 38
M 17 10 27
S 25 10 35
SS 13 13 26
合計 75 51 126

 

購入翌日に早速 レッドビーシュリンプ専門店を何件かまわって話を聞いてきました
レッド・ブラックは一緒にしてていいとも言うし
レッドビーシュリンプだけでも良質なレッドビーシュリンプが生まれるようになったので
ブラックビーシュリンプは交配させなくていいとも言うし

こだわりを持って飼育・ブリーディングされてる方ほど
飼育方法・ブリーディング方法はそれぞれ独自の手法でやってました

同じ環境でも殖える場合もあれば増えない場合もあるので
そこはシュリンプをよく観察することと 自分自身どんなビーシュリンプを目指すかによって
経験を積んでいくしかないようです

ホントはもっと詳しく話を聞いて 水替え方法や使っているソイル・餌のあげ方・水質管理など
聞き出そうと思っていたのですが やめました

まずは自分でシュリンプをじっくりと観察して シュリンプの調子を見分けられるようにすることに
自分なりに色々と経験を積んで 自分なりの答えを見出してから 他のブリーダーの方とお話できるようになろうと思います

 

とはいえ ビーシュリンプ関係の商品って色んなメーカーから独自の商品が沢山でてるんですね~

次回は
最近購入したシュリンプ関係の書籍を紹介したいと思います

 

 

 

実際 自分のところの水槽はpHが7.45くらいとシュリンプ水槽にしては
かなり高めですが とくに問題なく餌やソイルをツマツマしてくれてます

 

 

ビーシュリンプ(レッドビー・黒ビー)を大量購入 大人から稚魚まで126匹

よく行くアクアリウムショップ「リミックスみなみ店」
水槽にでかでかと 「この水槽内のビーシュリンプ全部で6000円」

少し前からレッドビーシュリンプは気になってはいたんですが
1匹数百円から数千円 めっちゃ高いちっちゃいエビでマニアに人気としか思ってなかったです

水槽内を見ると レッドビーシュリンプとブラックビーシュリンプ・茶色いビーシュリンプがざっと50匹以上はいそうです
60匹以上いれば1匹100円以下!
これなら初心者の僕にとってはビーシュリンプを始めるにはかなりお得かも!?

水槽の前で考える事10分
これください!

グッピーの交配用で準備していた30cm水槽があるので
とりあえずそこに入れればいいかなと

しかしビーシュリンプって飼ったことないから水質とか餌とかどうすればいいんだろ
ということで 一緒にビーシュリンプの本も買いました

レッドビーシュリンプの飼育と繁殖 (アクアライフの本)

ミナミヌマエビは10匹から数十匹まで増えたので
おそらく家の水槽の水質でも極端に合わないこともないだろう
くらいのノリで買っちゃいました

aqua2014051770

家に帰ってからサテライトLに買ってきたビーシュリンプと水をまるごと入れた状態です

ビーシュリンプを救ってもらってる時にソイルとか汚泥が舞ってたので
そのせいで水が濁った状態でした

エアーポンプをつないで(水量弱めで)徐々に水質をあわせて行きました
サテライトは水質合わせの時にも重宝しますね

サテライト L

ちなみに僕はこのシリーズ全部持ってます

 

aqua2014051800

水質合わせ後の状態です 抱卵している子もいますね

aqua2014051808

数が多すぎたのですぐに サイズの小さい仔達はサテライトを用意して
そっち分けておきました(だいたい1.5~2cmくらいを目安に選別)

aqua2014051823

よく見ると稚魚も数匹いますね
ミナミヌマエビ飼っててよかったですよ
小さすぎて稚魚に気づかなかったかも

aqua2014051828

大きい方の仔達のブラックビーシュリンプは60cm水槽に移しました

aqua2014051851元気に暮らしてねー

レッドビーシュリンプだけを30cm水槽に移動予定

今日の作業はここまで
続きは明日の朝からやろうと思います

 

早くレッドビーシュリンプの買い方について調べないと…
買ってきた本をパラパラっと見てみたら

  • かなり水質の変化に敏感とか
  • 水替えも少しだけゆっくりやらないとショック死するかもとか
  • 餌も色んなタイプがあるとか(餌いるの?)
  • シュリンプ用のミネラル添加液があるとか
  • タイプとかグレードによって値段がぜんぜん違うとか

なんだかかなり飼育が大変そうじゃないですか!?
これからいったいどーなるんでしょう?うまくやっていけるかな?

 

 

グラスinアクアリウムのレイアウトの写真を見つけました

こちらのページの

http://kingyo.blog.jp/archives/51303849.html

こちらの写真

http://livedoor.blogimg.jp/ranchu/imgs/5/5/55cf367b.jpg

 

2007年に行われた「東京AQUARIO(アクアリオ)2007」の作品の1つに
プラントグラスに水草レイアウトしたものを90cm水槽内に底砂無しでディスプレイしてました

ライティングが青系みたいで 水草の緑がよりキレイに見えます

グラスにスタンド使ったり 配置にもこだわりを感じます

 

他にも

http://blog-imgs-10.fc2.com/f/u/g/fugoo/P1000006.jpg

http://stat.ameba.jp/user_images/20130131/15/dabochiinazuma/c1/83/j/o0360064012399430383.jpg

http://pds2.exblog.jp/pds/1/200709/25/32/e0125732_2215777.jpg

http://pds2.exblog.jp/pds/1/201103/08/70/e0218570_21133992.jpg

こんな画像を見つけました

 

同じようなことやってる人っていたんですね~♪

僕も僕なりに進歩しよう

エキノドルスジャングルスターNo1への光量アップ

4月7日から追加した「エキノドルスジャングルスターNo1」の子株
順調に育ってます

IMG_3196

ちょっと調べた所
より元気に育てるには高光量・CO2添加・底床肥料が必須みたいです

光量アップのためにライトを変えるのはコスト的にも難しいので
グラスごと水面に近づけることにしました
(水面近くと底の方では 光量にかなり差がでますもんね)

layout201405180004

こんなことが簡単にできるのが
グラスinアクアリウムのメリットかも!?

ついでにグラスを磨いてソイルの汚れも落とし 底床肥料も追加しました

layout201405180003

おかげで酸素をぷくぷくさせるようになり効果があった様子

layout201405180002

このクリスタルキャンドルスタンドシリーズは よく行くインテリアショップで見つけたんですが
サイズによってはすでに完売で売ってません
背の高いタイプがあと2種類くらい販売してました
(たまたま最後の一個だけ 欠け有りの半額で売ってるのを手に入れました)

お店の人に聞いたら 特別に買い付けたものらしく 再入荷の予定もないそうです

IMG_1857
ちなみに以前から使っているタイプも結構前に完売してました

 

 

アベニー・パファーの寝姿が可愛すぎる

風呂あがりに アベちゃんが可愛いと彼女に呼ばれる
まーいつものことだから大して期待してなかったけど
とりあえずアベちゃんの様子をみると

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

たしかにコレはかなり可愛い♪

慌てて撮影しましたよ