レッドビーシュリンプ 水合わせ後 投入直後の様子

育成中のレッドビーシュリンプを引越し

SGA系統の子供たちが 百数十匹おり
ちょっと大きくなってきたので
2つの育成水槽に分けて引越しました

ざっくりとバンドタイプとそれ以外に分けただけなので
選別してないです

ざっと見た限り 選別・淘汰する必要もなかったので
ここから種親候補を30匹ほど残す予定

残りの100匹位は出品ですね

ちなみにこの水槽の子たちは ネットショップにアップしているので
今のうちに手に入れたい方はぜひどうぞ

小さいうちから成長を見守るのも楽しいですよ♪

GarnelePEPE OnlineShop
レッドビーシュリンプSGA系統

 

ヤフオクにも少量限定で出すかも

「SGA系統の子ども」の記載があったら
この子たちのことです

 

水合わせ後 投入直後の動画をご覧ください

 

サテライトで水合わせをし
水槽内へ放ったときの様子を撮影しました

 

上から舞い降るレッドビーシュリンプたちが
元気そうにツマツマしだす様子を見て安心します

 

水合わせの方法はいろいろありますが
僕はサテライトを活用しています

水をポタポタ落ちるように調整し
あとは1時間以上待つだけです

その間他の水槽のメンテナンスをしてたら
1,2時間あっという間です

 

水質が合ったかどうかはTDSメーターで測って確認です

pHメーターでもいいですが ちょっと時間かかるし
数値もコンマ1桁で 誤差がある

 

TDSメーターならすぐに数値がでるし
数値をピッタリ合うのでわかりやすい

 

ちなみに僕の使っているのは
ハートトレードのTDSメーター」です

 

これしか使ったことは無いですが
水槽に浸けるだけで測れるし
ボタンを押すと 計測値を固定してくれる 便利な機能付き

ボタン電池3個で 頻繁に使っても1年以上持ちました

 

大事なのは ゆっくり水質を合わせること

水質に変化が起きると エビたちは水質の変化に合わせようと準備します
ゆっくり水を合わせて エビの適応力を引き出しましょう

 

水合わせができ 移動先の環境が整っていれば(バクテリアやエサが豊富)
投入直後からエビたちが活発にツマツマしてくれます

この様子を確認できたら ひとまず安心ですね

 

その後3週間位は 脱皮不全が多発していないか観察します

環境が変わりすぎると 脱皮の際に☆になることが多いです

急な水合わせが原因で 環境が急変すると
環境の変化に合わせようと すぐに脱皮しだします

無理な脱皮行為なので ほとんどはそのまま☆になってしまいます
※量販店のエビ水槽でたまに見かけます

 

レッドビーシュリンプは水合わせさえうまく行けば
環境の変化にも適応してくれるので
慣れれば飼育は難しく無いと思います

…といっても 慣れるまでに1年くらいかかった気がする…

 

小ネタをまとめて紹介

水槽のフタはアクリル板です

使っている60cmレギュラー水槽は「コトブキのクリスタルKC-600S

近所のホームセンターで1本2,037円(税込)とお値打ちで
アクアルーム引越し時にまとめ買い

フレームがちょっと特殊で
60cm汎用のガラスフタが合いません

専用のガラスフタはめったに売ってない…高い

フタをしたいが エサやりや水換えが楽な方がいい

 

色んな理由で でっかいアクリル板をネットで買い
水槽に合ったサイズにカット

こんな感じのを使ってます

水槽の手前にスペースをあけたので
使い勝手がいいんです

 

厚さは2mm

厚いと 加工が大変だし 高いし
0.5mや1mmで試したときは 柔らかすぎて使いにくかったです

 

2mmがちょうどいいのかも

 

ただ2mmだと2週間くらいすると徐々にそって
凹型になっちゃいます

まぁ でも 汚れてきたら洗うんで
そのときにひっくり返して凸型にして
しばらくすると歪みがなくなります
※1ヶ月もすると また凹になっちゃいますけど

ちなみに1枚あたり400円弱だったので ガラスフタよりコスパ良し

 

オススメ度★★★くらい (加工作業がちょっと面倒)

 

 

水温計ホルダーは100均のアクリルで代用

またもアクリルネタですが
水温計をいろんな水槽で使いたいときに便利な方法を

こんな感じです

ダイソーに売ってたアクリル製の値札アイテム(2個入り)に
水温計を両面テープで貼り付け 水槽に引っ掛けるだけ

透明のアクリルは
・目立たない ・水も平気 ・軽い ・安い
と重宝してます
※底面フィルターBOXもアクリルです

 

オススメ度★★★★くらい

 

 

給水ホースの水抜きにエーハイムスターター

あまり参考にはならないネタですが
水換え終わったあと
ハードチューブに残った水滴が 気になりますよね ね

ブンブン振ったりしても ポタポタするし

 

そこで「エーハイムのスターター」の空気が出る穴にエアホースを繋いで
スコスコするだけで 水滴を勢い良く押し出せました!

あると便利で使用頻度が低いアイテムですが
これからは使用頻度も上がります

オススメ度★(いや半分だな)

 

湿度対策に有効な方法は

アクアルームに引っ越した当初
湿度が80パーセントを超えてました

冬の時期に入ると 結露しまくり フローリングもしっとりウェッティ♪
玄関の金属フレーム・金属ドアに水滴つきまくりで 床が水浸しという惨事…

 

水槽にフタをしたり 除湿機投入したり 部屋の窓開けて換気したり

それでも湿度は軽く70パーセントオーバー…
ほとんど効果なし

これがほとんど効果なかったと知ったときは
かなりショックでしたね

半日でタンクいっぱいの水(約5リットル)が溜まってました

 

どうにもなんないから
試しに換気扇でもつけっぱなしにしてみようかな
ってことで キッチンと風呂場の換気扇のスイッチオン!

 

翌日アクアルームに行ったら
なんと湿度が60パーセント!!

効果抜群でびっくりでした

 

オススメ度★★★★★です!

 

 

 

 

何だこれ?白いサンゴのようなものが!?

これはなんだ!?なにかの菌なのか?

ウィローモスやヤシャブシに白いサンゴのようなものがくっついてます

 

「シュリンプ水槽水換え用のタンク」で水質調整してから
各シュリンプ水槽の水換えに使ってます

 

今日はその水換え用タンクの水換え(ややこしい)をしたところ
なにやら白いものを幾つか発見!

 

上の写真は 100mmマクロで撮った画像です

なんだろ?

もっと拡大してみたいなぁ … …

 

あっ!

 

この前買ったばかりの「MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト」の出番どす!
※女囚セブン見ながら書いてますんで

 

MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォトレンズ~~

これがあれば もっとアップで撮れますぇ

 

…で なんでっしゃろ?

アップにしたところで わかりまへん
※あっ女囚セブン終わった

 

茶色いもやっとしたものは
沈殿したバクテリアのコロニーが
水流で巻き上がり引っ付いているだけなのですが

とにかく真っ白の生物(菌)?らしきものの正体はわかりません

 

水換え用タンクにはヤマトヌマエビを数匹とラムズホーンが入っているので
それらに害はないようです

 

暇な時にでも詳しく調べてみますかね

たまにはブラックビーシュリンプ

ブラックビーシュリンプも少しいますよ

つい先日ヤフオクで綺麗なブラックビーシュリンプが出てて
おぉ 欲しいぃ

と思ってたんですが 自分も飼ってました

少しは増えたんですが 数が少なく水槽1本で飼育中で
最近になって 親サイズが何匹か抱卵してました

 

以前から大きなメスが何匹かいたんですが
大きめのオスがいなかったので何ヶ月も抱卵せず

オスを追加しようかなぁ と思った矢先の抱卵で
一安心です
※大きいサイズは10匹くらい

 

ということで 若い個体を別水槽に移動し
今の水槽は繁殖用にします

51匹 サイズも見た目もまちまちです

んーー もう1本ブラック育成用に使おうかなぁ
※不幸中の幸いで水槽1本空いたので

 

飼育が苦手なエビの種類がいます

クリスタルゴーストっていう透き通ったエビを手に入れたのですが…
なぜか全滅してしまいました (環境が違いすぎたのかなぁ)

水合わせ直後から いまいち動きが悪いなぁとは思っていたんですが
エサへの反応も悪く 脱皮するたびに落ちていき たった1ヶ月で…

 

以前飼ってたチェリーやルリーも同じ感じだったんですよね

個人的にはレッドビーやシャドー・クラウドのほうが ずっと飼育が易しいと思います

 

なにかトラブル合った時用の水槽が3本空いているので
近いうちにチェリーシュリンプも再チャレンジしたいです♪

水換えが少し楽になりました

水換えで水漏れ洪水はもうしたくない

”アクアリストあるある”のかなり上位に
「水漏れ事故」がありますよね

排水中に忘れて バケツから溢れて床が水浸しとか…

足し水中に忘れて 水槽から溢れ出すとか…

 

大変だけど重要な水換え作業 でも結構大変

少しでも楽したいよねぇ

 

一時期 コック付きバケツをつかってました

 

これはこれで便利でしたが
一度に6リットル以上はできないし
水槽の上にスペースが必要なので 使える環境が限られる…と

 

他にも いろんな便利グッズが出てるんですが…

中でも便利で使っているアイテムがこれ

 

「ウォーターコンテナ」と「フロートバルブ」の組み合わせ

ウォーターコンテナに水を入れて 水槽より高い位置へ置き
フロートバルブを水槽へ固定

あとはウォーターコンテナのバルブを開ければ
自動で水が水槽へ

水槽の水位が上がり フローバルブが浮いてくると
自動的にバルブの栓が閉じるので 給水が止まります

 

水槽の立ち上げ時なら 水道から浄水器を通して
直接水槽へ給水させれば なんどもバケツリレーをする必要も
見張っている必要もなくなりますよ

 

複数の水槽を同時に給水させてみた

水槽の数が多いと 水槽ひとつひとつ水替えするのが大変

複数まとめてできたら便利

 

ということで フローバルブを複数繋いで
同時に水槽4本へ給水できるようにしてみた

 

大きめのウォーターコンテナがあれば もっと多くの水槽へ
同時給水が可能でしょうね

20リットルくらいのタンクに
径の違うホースをジョイントを使ってつなぎ
フロートバルブ用のチューブにつないでます

フロートバルブへはT型ジョイントを使ってつなぎ
水槽へはアルミ製のミニクランプで固定

4つの水槽へ一気に給水
かつ 水位もピッタリ合わせられます

 

ショップでは 常時フロートバルブを設置し
給水できるようにしているかと思いますが…
フロートバルブが高いので 今は4つで精一杯です

 

 

これでもだいぶ楽になりました♪