綺麗に成長した流木活着ミクロソリウム・ウェンディロブ

写真のように成長するまで 約1年かかりました
横20cm 奥行き20cm 高さ28cmくらいの大きさです

aqua201510_2056

aqua201510_2065

aqua201510_2057

ミクロソリウム・ウェンディロブ

ミクロソリウムの中では中くらいのサイズ

その特徴は なんといっても葉先が細かく枝分かれするところ
このタイプは珍しく かなり綺麗で適度なボリューム感と華やかさを演出してくれます

比較的成長が遅いので 苔がついたり 枯れてきたりと
綺麗に葉っぱを増やすのは少し難しくなります

ミクロソリウムは葉裏や葉の切れ目・折れ目から
新芽(株)が出て 増えていきますが
ウェンディロブの場合 葉っぱから新芽が出ることがほとんどないので
葉っぱが枯れてきたら 根本から切り取っています

葉っぱの幅も広いし 葉先が細かく分かれるので
葉数が少なくても ボリューム感がしっかりあります

 

水槽に付着した白い汚れ落としに「スポンジ研磨材マイクロファイン」

3M スポンジ研磨材 マイクロファイン 5085 10枚入り 5085ASD(#1200-#1500)

水槽にこびりついて スポンジでこすってもなかなか落ちない 謎の白い汚れには 「3M スポンジ研磨材
」を使って軽くこすれば大丈夫

シャドーシュリンプの繁殖やり直します♪

以前からシャドーシュリンプ(ブラック・モスラ・レッド・ピント)の飼育もしてるんですが
増えない・育たない・大きくならない
といった感じで 数匹の若個体たちを見ながら シャドーシュリンプはやめようかと思っていました

でもねー

レッドビーシュリンプにはない シャドーシュリンプの光沢感が魅力的で
再度繁殖にチャレンジしようと思います

90cm×1 45cm×3のマンション水槽を新設したので
そこの1室をシャドーシュリンプ用にしました

使うソイルは「ブリーダーズソイルTypeB」を底面フィルターに 「えびくまソイル」「アマゾニア(旧)」のパウダーを薄敷きして使っています
ちなみにソイルは水槽に入れる前に ふるいにかけて 崩れて粉になったソイルを覗いてから使ってます

ふるいにかけるのは泥状になったソイルからガスが発生するリスクを抑える目的です

あと 水質に神経質なシュリンプが 少しでも丈夫なシュリンプになればいいなぁ思って…

ソイルをそのまま使った場合と 一度洗ってから使った場合で
どれくらいの差がでるのか 簡単な実験中ですので
データが溜まったら 紹介しようと思います

水槽の整理・増設中 レッドビーシュリンプの系統も整理

シュリンプ飼育当初から稼働していた
60cmマンション水槽(60cm×1本 30cm×6本)を撤去するために
いろいろ整理してます

まずはシュリンプたちの引越し先を準備
120cmサイズの3段水槽台を自作で組み立てました(詳細は後日紹介する予定です)

2015-10-04 21.39.45

1段目に90cm水槽(90cm×45cm×45cm)を設置
2段目に45cm水槽(45cm×30cm×30cm)を3個設置
配管をして 4つの水槽をつなげました

またマンション型の水槽を作っちゃいましたね
設置は面倒なんですけど 水質管理や水温管理が楽なんですよね

水槽セッティングはソイルは薄敷きで 定期的に栄養系ソイルを足すスタイルです

ろ過システムにはエーハイムのサブフィルターを通してコンパクトポンプで各水槽を循環させ
45cm水槽にそれぞれスポンジフィルター
90cm水槽には底面濾過を2機設置

底面フィルターは20cmキューブ水槽や20cmアクリルキューブを使って
ソイルを激厚敷きにしたものを キューブ水槽丸ごと水槽に入れてます

台湾で主流になっている 水槽の後方や左右を仕切って
片方には底面フィルターを設置しソイルを厚く敷き
もう片方はソイルを薄く敷くスタイルと似ています

僕の場合は 水槽を直接仕切るのは大変なので 小型水槽を使ってます

この方法だと大掛かりなリセット作業が不要で
底面フィルターの水槽だけを交換すればリセット完了です

事前に底面フィルター水槽を別水槽で空回ししておけば
古いのと新しいのを入れ替えるだけでリセットできます

栄養系ソイルの入れ替えも簡単で 水換え時にソイルごと吸い出し
新しいソイルをパラパラ撒くだけです

ちなみに新しいマンションにはシャドー・ハイブリッド(クラウド・ナナシー・ホルスタイン)・レッドビーシュリンプ(ハネ個体のミックス血統)を収容します

GA系統のレッドビーシュリンプF1,F2が順調に成長中♪

GA系統の次世代候補を見つけました

aqua201509_1999

aqua201510_0044

aqua201510_0025

殻の厚み
色乗り
発色
スタイル

どれも親の特徴を引き継いでいるようです
※体調は親より大きくなりそうです

気になる点は ツノの形と 脚の色乗りですね

ボディの黄金色や 赤白クッキリ 元気にツマツマしている点は素晴らしいと思います

頭部に細かい白点があるので この表現が引き継がれたら面白いなぁ♪

 

他にもこれに近い表現の♂が数匹いるので
水槽増やすか ヤフオク!にでも出品しようかと思います