今年初 アクアルームの夏 快適順調♪


去年のこの時期が引っ越しピーク

去年のアクアルームの様子

水草水槽とエビ水槽の半分を移動し
残りのリビング水槽の移動に憂鬱になりかけてた頃

真夏に一人でよくやったなぁ

結局引っ越しが落ち着いたのが9月になってから

 

あれから1年

今年の夏はエアコンつけっぱなしで 温度管理がめっちゃ楽♪
※エアコンの設定は「除湿(強)」

湿気対策は 換気扇つけっぱなしで解決♪

部屋の温度は 26℃~27℃
部屋の湿度は 70%前後
水槽の水温は 24℃~25℃

 

夏場もエビが繁殖してくれます♪

ヤフオク出品中のレッドビーシュリンプも昨日抱卵してました

〓PEPE〓 レッドビーシュリンプ トップクラス種親セット[CRK系統]

 

水質で夏場に気をつけること

水道水の残留塩素濃度についてちょっと調べました

家庭の蛇口の時点で残留塩素濃度が0.1mg/L以上が規定で
上限に規定はないそうです

1.0mg/L以下を目安にしているそうですが
水道水でもおいしい水を ということで
0.4mg/L以下に調整しているそうです

 

夏は水道水に含まれる塩素の量が増えるそうです
※水道局によってそれぞれ異なるとのこと

夏は気温が高く 水に含まれる雑菌の量が増えたり 塩素が抜けやすくなるため
他の季節に比べ 塩素濃度を高くしているそうです
※水道局のホームページの記事を拝見いたしました

 

ということは

 

飼育水のカルキ抜きに気をつけないと

 

 

浄水器を使っている場合は フィルターの寿命を確認
早めの交換をおすすめします

 

僕の場合は 浄水器を通して
一旦水換え用タンクで一晩以上寝かすので
残留塩素の心配はありません

 

あとは 水道水を使う前に しばらく流してから使うようにしてます

出始めはしばらく温かいことがあるので
冷たくなるまでは飼育水に使わないよう気をつけてます

 

 

水温が高いと雑菌が繁殖しやすいようなので
そっちのケアのほうが大事ですかね

 

夏場にエビの調子が悪いという方は
水温・溶存酸素量以外に
水道水の使い方や残留塩素濃度にも気をつけてみて下さい

Facebook Comments

コメントを残す