アクアルーム 水槽台の棚板をレザー張りで仕上げてみた


いきなり完成した写真から

iphone2016_0185

棚板はこんな感じに仕上がりました

 

前回までに 水槽台の枠が1台できたので
次は各段に置く 棚板を用意します

使う材料はホームセンターで手に入る「パネコート」の12mmです
※コンクリートの型枠などに使われる材料のようです

1800mm×900mmのサイズで1400円位と
同じサイズの板材の中では安く手には入ります

60cmの正方形でカットしてもらい 一段に二枚並べて置きます
※一枚120cmだと重くてかさばるので 二分割にしました

 

裏面は黒色に塗装し
水槽が乗る表面にはレザー(ビニールレザー)を張ります

レザーもホームセンターのテーブルクロスコーナーに10cm単位で量り売りされてます
幅が120cmくらい 10cm単位で140円くらい 棚一段分だと70cmあればいいので
レザー代は約1,000円 板材と合わせて1,700円くらい

棚板の材料費は 水槽台1台分(三段分)で約5,800円…
あれっ? 結構お金かかりますねぇ

 

板材とレザーに接着ボンドをスプレーし
手で触ってもくっつかないくらいにまで乾かします

iphone2016_0179

板材とレザーを重ねて

iphone2016_0180

密着させます

iphone2016_0181

真ん中でレザーをカット
周りの余分なレザーもカットし シワを伸ばしながらレザーを密着させます

本当はドライヤー等で暖めて引っ張りながらやると
シワも伸び 綺麗に貼れ パリッと仕上がります
※今回は見える箇所ではないので 軽くシワを伸ばす程度にしてます

iphone2016_0186

レザーの黒と 水槽台の黒
思ったより色が近いのでしっくり来てます

iphone2016_0187

板の縁は隠れるので未塗装のままでいいかなぁ

2枚並べると継ぎ目も目立ちませんでした

iphone2016_0185

接着ボンドは使い慣れた「G17」を使いました

ボンド G17スプレー

少しコツが必要で 気温が低いとボンドが出にくく だまになりやすく
吐出口にボンドがくっつき どんどん出にくくなってしまいます

使う前にお湯で温めて内圧を上げておくと 綺麗に霧状になります
こまめに吐出口を拭き取りましょう

 

ちなみに LED照明も付けました

iphone2016_0183

長さ120cmのLED照明で 1台約1300円と激安です

Amazonで手には入ります

LED蛍光灯 40W形 100V/200V対応 昼光色 18W 乳白カバー

120cm1灯式照明器具*簡易型* <LED蛍光灯専用>4台セット

40w型で
消費電力: 18W
全光束: 1800lm
色温度: 6500K(昼光色)

と 消費電力の割に 明るく色も白っぽいので使えそうです
※寿命や耐久性は使ってみないとわかりませんが

実はこのLED照明が使いたかったから
わざわざ120cmサイズの水槽台にした部分も大きいんです

アクアルーム 水槽・アイテム続々搬入 水槽台1個完成!


自宅にあるメタルラックや大量のアクアリウム用品を
こつこつ運んでます♪

iphone2016_0160

部屋の中心で水槽台の制作をしつつ
水槽買ってきたり オーディオなどの機材も持ってきました

この部屋でホームシアターもやります♪

iphone2016_0158

 

iphone2016_0161

水槽台ができたら 水槽や照明の設置 エアーポンプの配管などをやり
空いたスペースに また水槽台を置いて… を3回位繰り返せば完成かな
※まだまだ1ヶ月くらいかかりそうですけど

iphone2016_0163

玄関開けたら部屋が丸見え and 部屋からキッチンと玄関丸見えだったので
ロールカーテンで仕切りました

サイズぴったりでよかった~♪

日本は昔から基本寸法があるみたいなので
既成品でもちょうどいいサイズがあるから便利ですよね

基準の大切さ・便利さ・ありがたさを感じます

 

10日目にして水槽台がようやく1台完成しました(枠だけですけど…)

iphone2016_0168

iphone2016_0172

棚板と水槽おいたらこんな感じです
とりあえず同じサイズをあと3個作ります

棚板は黒塗装にレザー張りで仕上げる予定

レザー張りは車の内装カスタムで何度もやっているので
平面張りは楽勝です♪

水槽上部には蓋?カバー?を付ける予定です
照明をつけた時に眩しくないように

 

毎日暑い中
水槽台を作りつつ 照明・電源配線・エアーの配管を進めていきます♪