ビーシュリンプの種類 レッドビーシュリンプからハイブリッド系まで


ちょっとしたきっかけで始めた [レッドビーシュリンプ] [ブラックビーシュリンプ]の飼育
知識ゼロからのスタートでしたが ようやくビーシュリンプ業界全体がなんとなくわかってきました

ビーシュリンプ関係の書籍で 飼育スタイルなどを学び
お店のスタッフやブリーダーさんとの交流で 業界情報も教えて頂き
色んな種類のシュリンプを手に入れて 実際の飼育・観察で経験を重ねてきました

 

原種のビーシュリンプから進化してきたシュリンプは
今では数十種類出回ってますが
固定率の高いものは数種類だけみたいですね

血統にもよりますが [レッドビーシュリンプ][ブラックビーシュリンプ]は ほぼ100%の固定率です

 

台湾から来た[シャドーシュリンプ]も[ブラックシャドーシュリンプ][レッドシャドーシュリンプ]のみで交配させてる血統は
90%以上の固定率かな

[シャドーシュリンプ]は[レッドビーシュリンプ]の突然変異から生まれたみたいですね

[シャドーモスラ]や[ターコイズ]だと少し固定率が落ちるみたいで
[ブラックシャドー]のパンダ・キングコング・フルブラックもちょこちょこ出てきます
※これもブリーダーさんの交配スタイルによって 固定率には結構バラつきありますね

 

[タイガーシュリンプ][ブラックダイヤ]はハイブリッド産出によく用いられるようですが
これ自体の固定率は高く ドイツ産のタイガーシュリンプや ブラックダイヤが得意なブリーダーさんの個体は
90%以上同じ表現の子が生まれます
※[ブラックダイヤ]も[タイガーシュリンプ]から派生した[レッドサンダーシュリンプ]などと一緒で
[タイガーシュリンプ]が元になってます

 

ここまで紹介したシュリンプは
固定率も高く 生まれてくる子の表現も近いので
シュリンプ飼育初心者でも見分けやすいです

[タイガーシュリンプ]から派生したヨーロッパから来た[ファンシータイガーシュリンプ]と
国内産[ホルスタインシュリンプ] それぞれ表現にバラつきがありますが
似ている表現を比べたら まったく見分けつかないです

[シャドーシュリンプ]の派生と思われる(タイガーと交配してるみたい)[ピントビーシュリンプ]
ドイツ系ピント・台湾ピント・国産ピントがあるみたいで
ドイツだと「アストリッド血統」「ナダル血統」が有名ですね

国内ブリーダーさんも 独自のブリーディングから生まれたハイブリッド系シュリンプを産出し
それぞれ名前を付けて販売しています

ハイブリッド系で割りと広まってきている[クラウドシュリンプ]も 表現は様々で
[スノーラデン]は[ファンシータイガーシュリンプ]に似てます
[フルブラック][ブラック]は[ブラックシャドーシュリンプ]と見分けが難しく
[シーロキューモラス][アルトキューモラス]などは[ピントビーシュリンプ]と似てますね
※[ピントビーシュリンプ]自体 表現が様々ですからね

[ターコイズ]タイプも生まれてきて 綺麗な個体は[ナイトスカイターコイズ]と名付けられてます

[クラウドターコイズ]は[シャドーターコイズ]と似てますが よく見ると頭部とボディの色乗り・発色に違いが見られます

個人的には[ヴァティクルライン]が入るタイプは好きです

さらに進化した[クラウドシュリンプ]は[スターリットスカイ]になり
さらに進化して[ギャラクシ]や[ミルキーウェイ]と名付けられてます

表現の違いごとに名前を付けちゃってるので わけわからん状態になりつつありますね

 

他にも
国産ハイブリッドの[ルナーシュリンプ(ティアーシュリンプ)]や[ナナシーシュリンプ]
産出経緯は 台湾ピントと同じ感じだと思うんですけど…(表現も似てますし)
ただし 綺麗な個体はかなりカッコいいです!

ハイブリッド系シュリンプでよく話題になるのが
・交配した品種が何なのかだったり
・元は◯◯シュリンプを輸入しているだけだったり
・◯◯シュリンプや◯◯シュリンプとは根本的に違いますと言ってたり…

ブリーディング情報は公開されていないので本当のところはわかりませんが
綺麗なシュリンプを産出するブリーダーさんは 単純にすごいと思います!

他にもブリーダーさんが オリジナル血統として独自のネーミングを付けてるシュリンプが存在するようですが
見た目はどれも似ているので 余程の認知度がないうちは
◯◯系ハイブリッドシュリンプでいいと思うんですけどね

 

レッドビーシュリンプは元々[クリスタルレッドシュリンプ]だったので
全国的に広がる中で レッドビーシュリンプとして浸透したようです
※[クリスタルレッドシュリンプ]が商標登録されたから 他の人が使えなくなったのが理由みたいですね

今でも海外ではレッドビーシュリンプをクリスタルレッドシュリンプ(CRS)と呼ぶみたいです

海外でのシュリンプ名の違いが他にもあるようで
[ブラックシャドーシュリンプ]は[Taiwan Bee]の[King Kong]
[レッドシャドーシュリンプ]は[Taiwan Bee]の[Wine Red]
[ターコイズ]は[Blue Bolt]
と呼ばれるのが一般的のようです

 

と 色々書いてみましたが
この内容がすべて正しいとは限りませんので
あくまで個人的なまとめとして受け取っていただけると助かります

僕自身色々勉強中ですので
これからもシュリンプ業界の動向に注目していこうと思います

ヤフオク出品中の個体が抱卵しました!


レッドビーシュリンプ 大型血統の種親個体!+お供付②

こちらに出品中のレッドビーのメスが夜中に抱卵していました

おなかの様子を撮影してみました

aqua201507_0535

殻が厚くてよくわかりません…

aqua201507_0539

反対側も… よくわかりません

aqua201507_0542

後ろから ようやく卵の影が見えましたが それよりも腹肢の色が濃いですわ

aqua201507_0573

横からライトを当てて透かしてみようかと試したんですが…

aqua201507_0577

殻が厚くてだめでした というかこの殻の厚みはハンパないですね

aqua201507_0586

ようやくまともに撮れました

体の割には卵は少なめなのかな?

 

それにしてもオークション出品間近になって抱卵するなんて
なんてグッドタイミングなんでしょう!